証券会社から転職するのに有利な業界とは?

比較的どの業界でも有利ですが、中でも同業種や公務員への転職に有利となります。

同業界であれば知識はもちろん、営業経験をアピールポイントにし、他業界であれば営業で培った能力をアピールします。

このように転職業界に応じて柔軟に対応できるだけの経験があり、どの業界も有利になるのが証券業界だと思います。

証券経験者は転職に有利なの?

比較的有利であるといえます。

理由としては証券会社は難しい資格試験をクリアした人のみ入社が許される業界だからです。

また営業であればさらに有利になります。

証券会社は他業界から見れば「かなり厳しく、大変そう」というざっくりとしたイメージがあります。

それを乗り越え経験した人材は、能力や内面、適応力に磨きがかかっているであろうと想像されることが多いと思います。

厳格な体制の中、数字を追うコミット力、対人能力に優れた人材はどの業界でも重宝されるでしょう。

ただ、全く違う特別な知識を要する業界、たとえばインターネットやシステム、建築などについてはもともと専門知識を保有していることが前提となるので、厳しくなってくるかと思います。

とはいえ、営業で培われた能力はどの業界でも活かすことができると思っているので、知識、ポジション、求められている成果等の求人内容をしっかりと見極めたうえで適した業界・職種に転職活動することをおすすめします。

 

証券会社から転職しやすい業界とは?

どの業界でも印象はよいですが、中でも銀行や保険などの同業種、営業に強いイメージの不動産や商社、公務員に転職しやすいです。

理由としては、厳格な体制に慣れていること、知識を有していること、営業能力(対人能力)があること、地頭の良さなど培ったものを活かすフィールドがあるからです。

厳格な社内体制での経験は社会人としてあるべき姿が培われています。

公務員などはその体制に似たところを持っている業界なので、転職しやすく、自身も馴染みやすい環境だと思います。

また、営業経験は適応力や問題解決能力、提案力など総合的な視点でビジネスパーソンとしてのスキルを身に着けられるので、どの業界でも比較的活かすことができ、同じような営業関連の職種であればさらに転職しやすいと言えます。

 

証券会社での経験が役に立つ業界とは?

やはり営業経験、個人に対する接客経験を活かすことができる銀行、保険などの同業界や不動産や商社です。

証券の知識は特別であり、かつすべての業界に通じる知的な知識です。

また、証券営業を経験すれば対人能力や適応力が磨かれているはずです。

こういったビジネスパーソンとしてあるべき知識や能力が役立つのは営業部署のある業界、コミュニケーションを多くとる業界が向いているでしょう。

また、証券はお金を扱う仕事であり、その分お客様からのプレッシャーやあたりも強いです。

こういった意味でも他業界の営業より心身ともにより強くなっているのではないでしょうか。

これは経歴として最大のアピールポイントとなります。

 

証券会社から転職するのに有利は業界とは? まとめ

証券会社からの転職で有利な業界は、銀行や保険などの同業界、営業に強いイメージの商社、厳格な体制の公務員です。

培った知識、対人能力が直接、即戦力として活かすことができるからです。

私もいくつかの業界を経験しましたが、やはり同業界(証券会社から証券会社)への転職が一番スムーズで早く決まります。

資格と営業経験を持っていれば、場所によっては採用が即決の時もありました。

証券業界での経験、知識を存分に生かすことができるからだと思います。

また、友人には証券会社から公務員へ転職を成功させた人が何人もいます。

厳格な組織体制が好まれるのだと思います。

別業種であれば証券の知識については活かせる機会が減ってしまいますが、それ以外で培った営業力等は即戦力となり得るものなので、特別な業界でない限り有利であると考えます。

 

自分の現在地を知るには転職エージェントの活用を

転職をしようと思った時に、「自分は果たして転職できるだけの価値があるの?」とか
「私の少ない経験で転職できるの?」「転職市場でものすごく相場が低かったらどうしよう?」など不安になることは多いと思います。

「転職できるだけの経歴がないのにエージェントに相談なんてしていいのかな?」
と思う事もあるでしょう。
私もそう思っていました。

でも、それは間違いでした。
友人などに相談したり、既に働いている知り合いなどに話を聞いてみることもできますが、結局専門家ではないので解決にならない事が多かったです。
そのような時に役立ったのが転職エージェントでした。

管理人は「doda」というエージェントを使いましたが、
自分の市場価値を客観的に判断して頂けたのでとても参考になりました。

登録に出向くのは面倒だし交通費もかかりましたが、受けてみて本当に良かったです。
やっぱり自分の頭の中だけで考えていても限界がありますし、
人と話をする中で自分の頭の中も整理することができました。

このサービスを受けるためには、まずdodaのエージェントサービスへの登録が必要です。登録自体はとても簡単で、数分で終わります。

まずは、doda公式サイトのページに行きます。

続いて「エージェントサービスに申し込む(無料)」
を押して自分の情報を入力します。
この段階では詳細な職歴などの入力は不要です。
dodaのエージェントの方との面談の中でヒアリングがありますので、
その時に伝えても大丈夫です。

また、dodaでは転職のプロが応募前から内定後までトータルでサポートしてくれます。特に初めての転職でネックとなりやすい『履歴書』『経歴書』の作成サポートだけでなく、「面接でどんな質問が予想されるか?」と言った情報も教えて頂けました。

ですので自信を持って選考に臨めましたし、決まるのも最短で1週間、長くて1ヶ月〜1ヶ月半と早かったです。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

公社債部からマーケット情報編集室、そしてマスコミに転職。

証券会社の営業から転職する時に有利な資格とは?

証券会社から転職をする時の履歴書の書き方のポイントと成功例

証券会社の営業で得られる達成感とは?どんな事が辛い?

証券営業は数字との戦い。仕事の終わりが見えない。

証券会社の社員に転職。株取引はできるの?