未経験でも証券会社に転職できる?

未経験でも証券会社への転職は可能です。

しかしながら職種、必須経験等を見極める必要は出てきます。

また、証券を取り扱える証券外務員資格の取得は急務になります。

 証券会社にはどんな職種がある?

証券会社の職種としては基本的には役職者を含め営業、営業事務、本社事務に分かれます。

営業の中でも個人営業、法人営業、窓口営業、電話取次営業に分かれます。

証券会社によっては個人営業と法人営業の中をお客様の資産ごとにわけて職種付けしているところもあります。

営業はその名の通り個人のお客様や法人のお客様に直接証券の提案、販売をします。

証券の提案からアフターフォローまで一貫して行う仕事です。

来店営業、訪問営業、電話営業と一日に何人ものお客様とお会いし、資産運用の相談にのります。

そのことから証券外務員一種の資格は必須ですし、証券知識だけでなく対人能力やマーケットの知見など幅広い能力が必要になります。

営業はどの職種も営業成績が割り振られ、日々数字へのコミット力も問われます。

営業事務は営業のアシスタント業務になります。

電話の取次ぎやお客様への事務連絡、証券書類の処理業務、数字の管理等を行います。

本社は大きく事務処理側と商品を作る側に分かれます。

事務処理としては、視点から上がってくる書類の手続きや申請業務がメインになります。

商品を作る側としては、営業上がりのベテラン社員が自社商品の策案、マーケットを予想しての会社方針を決める重要なポジションになります。

 未経験でも入りやすい職種は?

証券未経験でも入りやすいのはやはり営業事務と本社事務ではないかと思います。

資格としては証券外務員二種で仕事ができます。

証券外務員一種より取り扱える業務は少ないものの、事務としては十分な資格です。

営業事務は主に営業のサポートになるので、電話対応や事務処理能力が必須となりますが、事務処理については決まった作業になるので、未経験でも入りやすい仕事になります。

また、他業界、他業種でも電話対応や事務処理を経験しているのであれば、なおよいと思います。

しかしながらやはり証券の知識は必要になります。

やる気さえあれば仕事をしながら覚えていけば問題ないです。

お客様に直接営業する必要はないものの、電話などで簡単な質問を受けたり、手続きが必要になってくるので、知識の習得はかなり重要です。

事務以外はやる気次第ですが、入りやすいとは言えません。

採用時にやる気についてとことん聞かれると思います。

相当な覚悟と貪欲な精神があれば営業への転職も可能です。

 

どんな資格があると転職しやすい?

やはり証券外務員一種・二種どちらかは必須になります。

この資格は必須になりますが、逆を言えばこの資格さえあればやる気次第で証券会社への転職はしやすくなります。

証券外務員の資格なくしては業務ができないので、持っていることがまず重要です。

さらには内部管理責任者、ファイナンシャルプランナー、証券アナリストの資格があれば言うことなく重宝されます。

証券アナリストについては非常に難しい資格になりますが、持っていればかなり転職しやすくなります。

内部管理責任者もファイナンシャルプランナーも入社後に取得する人が多い資格になるので、転職前に持っていれば転職しやすくなることは間違いないでしょう。

 未経験でも証券会社に転職できる?まとめ

未経験でも証券会社に転職はできます。

ただ、証券外務員資格とやる気は必須になります。

どの業界もそうだと思いますが、専門知識を必要とするのでそれなりの努力は必要になります。

しかしながら資格を取得すれば入社することは可能ですし、やる気次第で知識は習得できることなので、未経験でも大丈夫です。

職種もそれこそどれでも入れるとは思いますが、中でも事務系職種は入りやすいと思います。

証券知識以外に事務処理能力が必要になりますが、入社後に習得できます。

私が証券会社にいるときも、証券未経験で事務や窓口営業に入った人がいました。

人一倍の努力は必要ですが、転職は可能だということがわかります。

 

自分の希望を相談できる転職エージェント

金融業界は世間的なイメージがとても良く、また長く働ける安定度の高い職業として人気があります。
だからこそ目指したい!と言う気持ちはとても良く分かります。

でも、「本当に未経験から目指せるの?」という不安も湧いてきますよね。

そんな時に相談に乗って頂けるのが転職エージェントです。
管理人は主に「doda」というエージェントを使用しました。

転職エージェントの方は、「どの仕事を経験しているとどの職種に行ける」というパターンを把握していますし、自分が思ってもみなかった案件を紹介してもらえる事も多いです。

登録に出向くのは面倒だし交通費もかかりましたが、受けてみて本当に良かったです。
やっぱり自分の頭の中だけで考えていても限界がありますし、
人と話をする中で自分の頭の中も整理することができました。

このサービスを受けるためには、まずdodaのエージェントサービスへの登録が必要です。登録自体はとても簡単で、数分で終わります。

まずは、doda公式サイトのページに行きます。

続いて「エージェントサービスに申し込む(無料)」
を押して自分の情報を入力します。
この段階では詳細な職歴などの入力は不要です。
dodaのエージェントの方との面談の中でヒアリングがありますので、
その時に伝えても大丈夫です。

また、dodaでは転職のプロが応募前から内定後までトータルでサポートしてくれます。特に初めての転職でネックとなりやすい『履歴書』『経歴書』の作成サポートだけでなく、「面接でどんな質問が予想されるか?」と言った情報も教えて頂けました。

ですので自信を持って選考に臨めましたし、決まるのも最短で1週間、長くて1ヶ月〜1ヶ月半と早かったです。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

証券会社の営業のツラさとは?ノルマ+相場のプレッシャー。

証券会社の年収は?

公社債部からマーケット情報編集室、そしてマスコミに転職。

証券会社から転職をする時の履歴書の書き方のポイントと成功例

証券会社の社員に転職。株取引はできるの?

証券会社から転職をする時の自己PRのポイントと成功例