証券会社から転職をする時の職務経歴書の書き方のポイントと成功例

職務経歴書の書き方のポイントは、箇条書きにするところは箇条書きに、文章にするところは簡潔にわかりやすい文章でまとめることです。

用紙は多いよりA4用紙1~2枚でまとめましょう。アピールポイントが採用側の印象に残りやすいです。

職務経歴書はどのように書いたらいい?

基本的にはA4用紙1枚~2枚程度が好ましいです。

多すぎても少なすぎても印象を悪くしかねます。

私は履歴書とは別に1枚の職務経歴書を用意していました。

記載内容としては、自身のスキルセット、前職での成績、長所や短所、自己PR等になります。

履歴書では書ききれなかったアピールポイントを記載します。

スキルセットとしては、PCスキルはどの程度のレベルか、どのような専門知識を保有しているかを書きます。

スキルレベルは入社後に判別しやすいものなので、飾って書くのはやめましょう。

前職での成績は簡潔に、時期と数字を記載します。

そののちに努力ポイント等を記載します。

次も金融業界、営業などの数字の関わる仕事に転職を考えている場合は、アピールポイントとして必ず記載しましょう。

また、一般的な内容として、長所や短所、自己PRも書いてA4用紙1枚埋めるのが好ましいと思います。

文章が多すぎると読まれない可能性があるので、文章は簡潔に、箇条書きできるところは箇条書きにすると担当者の目に留まりやすいです。

私はこの書き方で書類選考は9割通ってきました。

段落や文字の大きさなど全体のバランス、見やすさに気を付けて作成するように心がけてください。

職務経歴書を書く時のポイント

ポイントしては文章を簡潔に、箇条書きにできるところは箇条書きにすることです。

1枚の職務経歴書をすっきり見やすくまとめることが重要です。

前職での成績も、文章に数字が埋もれていたら目にとまりづらくなってしまいます。

私は、スキルセットに関してはかならず箇条書きに、成績は高いものから順に記載しました。

そして、成績に関しては何位中何位だったかも細かく記載するように心がけました。

箇条書きにすると、すっきり見やすくなります。

また、一番にアピールしたい資格、成績、スキルは用紙の一番上に持ってくると、アピールポイントとして有効になります。

職務経歴書の場合も文字は丁寧に書くように心がけてください。

適当に書いた文字は採用する側にとってみればすぐにわかってしまい、印象を落としてしまいます。

一枚一枚丁寧に心を込めて記載するように心がけるだけでも、結果は変わってくると思います。

転職でうまくいった職務経歴書の例は?

やはり履歴書とは別でA4用紙1~2枚で用意することです。

内容としては簡潔かつ見やすい体裁で書くことが成功への秘訣です。

3,4枚で長ったらしい文章で記載しているより、1,2枚で簡潔にまとめたほうが見やすいし目に留まりやすく、担当者の印象に残りやすいです。

そのため、適切な枚数、内容で書くことが重要となります。

また、あまり飾って書きすぎるとあとでボロがでるので、正直にありのままの内容を記載しましょう。それが成功につながるはずです。

うまくいった例としては、A4用紙1枚にきっちりまとめることです。

まずはスキルセットを箇条書きにし、一番アピールしたいスキルを上位に記載、最低限のPCスキルや資格、専門知識を順に記載しました。

スキルセットの下にこれまで残してきた成績を記載。

これも箇条書きで、見やすく目に留まりやすいように記載しました。

また、最後にA4用紙1枚がきっちり埋まるように、長所や短所、性格などを記載しました。

これらに盛り込む内容として必須なのが、具体例です。

たとえば長所の場合は、長所→具体例(いつそう思ったか、発揮できたか)→今後どのような場面で活かすことができるかの順で簡潔に文章でまとめるようにしましょう。

また、全体的なバランスを考え、太字にしたり、段落に気を付けるようにしました。

ぱっと見の印象で見やすくなるような体裁を心がけるとなお成功につながりやすいと思います。

 

職務経歴書も添削してくれるのが転職エージェント

証券からの転職を考えている方は、主に「無茶なノルマに疲れた」と思っていたり、「もう金融営業からは足を洗いたい」、「次は心に余裕を持って働きたい」という考えをお持ちだと思います。

今は厳しい状況に耐えているからこそ、次はそんな事がないように転職を成功させたいですよね。

だからこそ職務経歴書はとても重要です。
職務経歴書の書き方によって合否が決まると言っても過言ではありません。

実際、管理人の友人で、20年以上人事で働いている女性から、
「職務経歴書の書き方が全てだ」という話を聞きました。

ですが自分だけで書いているとどうでしょう?
「銀行で働いていた」という信頼性といった人間的なスキルは容易に書けそうですが、
金融の仕事は独自のシステムを使うので特にPCスキルは使わないし、
金融資格はその他の業界では通用しないので、
「世間的に通用できてアピールできる資格やスキルって何?」と思いますよね。

そういう時には転職のプロから指導を受けるのが一番です。
私はdodaのエージェントの方による職務経歴書の添削を受けましたが、
「どういう経験や強みがあるのか、また自分の経験のどの情報は書くべきで、どこは捨てるべきか、どうしたら採用担当者の目に止まるのか」という事を教えてもらえました。

また、どんなフォーマットが良いのかというのも教えて頂けたので、一から自分で全て自分で用意する必要がありませんでした。
やっぱり悶々と悩んで時間を費やすよりは、早くプロに聞いた方が早いです。

それ以外にもエージェントを通した方が、残業の実態や週休何日なのかという事を聞けたり、キャリアカウンセラーの国家資格を持っているエージェントからキャリア相談を受けられたりというメリットもあります。

登録に出向くのは面倒だし交通費もかかりましたが、受けてみて本当に良かったです。
やっぱり自分の頭の中だけで考えていても限界がありますし、
人と話をする中で自分の頭の中も整理することができました。

このサービスを受けるためには、まずdodaのエージェントサービスへの登録が必要です。登録自体はとても簡単で、数分で終わります。

まずは、doda公式サイトのページに行きます。
続いて「エージェントサービスに申し込む(無料)」を押して
自分の情報を入力します。
この段階では詳細な職歴などの入力は不要です。
dodaのエージェントの方との面談の中でヒアリングがありますので、
その時に伝えても大丈夫です。

また、dodaでは転職のプロが応募前から内定後までトータルでサポートしてくれます。特に初めての転職でネックとなりやすい『履歴書』『経歴書』の作成サポートだけでなく、「面接でどんな質問が予想されるか?」と言った情報も教えて頂けました。

ですので自信を持って選考に臨めましたし、決まるのも最短で1週間、長くて1ヶ月〜1ヶ月半と早かったです。

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

未経験でも証券会社に転職できる?

証券会社から転職をする時の自己PRのポイントと成功例

証券会社から転職するのに有利な業界とは?

証券会社から公務員へ転職するには?

証券会社の社員に転職。株取引はできるの?

証券会社の営業から転職する時に有利な資格とは?