【体験談】銀行は支店評価がキツい。

支店毎に融資残高や預金の獲得、行員のオペレーションミスをチェックされていて、毎月順位の発表がありました。

月によっては、ローンや定期預金の獲得額が通達されて、目標に向けての営業がありました。

支店の順位で上司の出世やボーナスの配分が変わってくるので、上司はピリピリしていました。

私もオペレーションミスをした時は、ショックで泣いた事もあります。(支店内で月に2~3件のオペミスが、支店評価が下がらないギリギリのラインだったので。お金の事なので、 間違いは許されないんですけどね。)

月末は忙しいのですが、目標が達成出来ないまま月末が近付くと、付き合いが深い取引先に短期の融資をお願いしたり、親戚や知り合いに定期預金を作ってもらったり、書類の受け渡しや通帳の作成等、忙しい中それらの手続きが加わり、支店全員がピリピリバタバタしていました。

(43歳女性、正社員・一般事務)

 

自分の希望を相談できる転職エージェント

金融業界は世間的なイメージがとても良く、また長く働ける安定度の高い職業として人気がありますが、ノルマが厳しかったり、理不尽な怒られ方をしたりと精神的につらい職業でもあります。

だからこそ転職して、次に働く会社ではそのような事がないようにしたいですよね。
ですが、求人情報に例えば「残業月10時間以内」と書いてあっても本当に正確な情報かという不安が出てきますし、人間関係や募集の背景までは載っていないですよね。。

そんな時に相談に乗って頂けるのが転職エージェントです。
管理人は主に「doda」というエージェントを使用しました。

転職エージェントの方は、実際のその企業の様子や、なぜ募集をしているのか知っていますし、様々な業界の様子を知っています。

登録に出向くのは面倒だし交通費もかかりましたが、受けてみて本当に良かったです。
やっぱり自分の頭の中だけで考えていても限界がありますし、人と話をする中で自分の頭の中も整理することができました。

このサービスを受けるためには、まずdodaのエージェントサービスへの登録が必要です。登録自体はとても簡単で、数分で終わります。

まずはdoda公式サイトのページに行きます。
続いて「エージェントサービスに申し込む(無料)」
を押して自分の情報を入力します。
この段階では詳細な職歴などの入力は不要です。
dodaのエージェントの方との面談の中でヒアリングがありますので、
その時に伝えても大丈夫です。

また、dodaでは転職のプロが応募前から内定後までトータルでサポートしてくれます。特に初めての転職でネックとなりやすい『履歴書』『経歴書』の作成サポートだけでなく、「面接でどんな質問が予想されるか?」と言った情報も教えて頂けました。

ですので自信を持って選考に臨めましたし、決まるのも最短で1週間、長くて1ヶ月〜1ヶ月半と早かったです。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【体験談】銀行員。独身者への産休、育休制度のしわ寄せから退職を決意

銀行から転職をする時の職務経歴書の書き方のポイントと成功例

銀行員から経理の仕事に転職するには?

未経験で銀行に転職できる?

【体験談】過不足金発生で信頼関係が台無しに

銀行員の1日とは?