【体験談】銀行の営業ノルマと人間関係

「ノルマはありません!」と採用の時には聞いていたものの、「目標」というノルマだらけでした。

ノルマをこなしていければいいのですが、数字がすべてなのでそうでないと居づらいような雰囲気をひしひしと感じました。

だんだんと親や兄弟にお願いすることが多くなり、もはや自分の仕事に対して疑問を持つようになりました。こんなことがしたかったのではない、と…。

噂が1日で次々に別の支店に広がって行くような人間関係、裏では何を言われているかわからないパートさん達の力、それらに辟易してしまいました。

入りたての私よりもはるかに長く銀行にいて知識のあるパートさん達からは「行員なんだから」と求められることばかり多く、土日は次から次へと受けなければならない資格の勉強と試験に追われキャパオーバーとなり辞めたいと思うようになりました。

(31歳女性、正社員、個人営業)

 

短大を卒業後、銀行に就職が決まりました。新人は窓口から始まりますが、まだ右も左も分からない私に嫌味を連発してきたお局のことは今でも忘れられません。

そのお局は30代後半なのにもかかわらず、私服はいつも若々しいものばかり着ているような所謂イタイ人でした。彼女のいる支店に配属になった私はとても運が悪かったと思います。

窓口でお客様対応している時に、後ろから小さい声で「のろのろしないで。」とか「わざと可愛い声を出すのやめてくれる?夜の仕事じゃないんだから。」とかそのようなことばかり耳打ちされました。性悪なのは、周りには聞こえないように言うことです。男性社員や上司の前では可愛がっているフリをしてきました。

入社半年でさすがに精神的に参ってしまい、上司に相談しました。すると上司は、またかと言った風にため息をつきました。

上司の話によると、そのお局は若い社員が入ってくると嫉妬をしてパワハラをするのだそうです。私は異動願いを申し出ましたが、直ぐには無理だと言われたので退職しました。

(30歳女性、正社員、窓口業務)

 

自分の希望を相談できる転職エージェント

金融業界は世間的なイメージがとても良く、また長く働ける安定度の高い職業として人気がありますが、ノルマが厳しかったり、理不尽な怒られ方をしたりと精神的につらい職業でもあります。

だからこそ転職して、次に働く会社ではそのような事がないようにしたいですよね。
ですが、求人情報に例えば「残業月10時間以内」と書いてあっても本当に正確な情報かという不安が出てきますし、人間関係や募集の背景までは載っていないですよね。。

そんな時に相談に乗って頂けるのが転職エージェントです。
管理人は主に「doda」というエージェントを使用しました。

転職エージェントの方は、実際のその企業の様子や、なぜ募集をしているのか知っていますし、様々な業界の様子を知っています。

登録に出向くのは面倒だし交通費もかかりましたが、受けてみて本当に良かったです。
やっぱり自分の頭の中だけで考えていても限界がありますし、人と話をする中で自分の頭の中も整理することができました。

このサービスを受けるためには、まずdodaのエージェントサービスへの登録が必要です。登録自体はとても簡単で、数分で終わります。

まずはdoda公式サイトのページに行きます。
続いて「エージェントサービスに申し込む(無料)」
を押して自分の情報を入力します。
この段階では詳細な職歴などの入力は不要です。
dodaのエージェントの方との面談の中でヒアリングがありますので、
その時に伝えても大丈夫です。

また、dodaでは転職のプロが応募前から内定後までトータルでサポートしてくれます。特に初めての転職でネックとなりやすい『履歴書』『経歴書』の作成サポートだけでなく、「面接でどんな質問が予想されるか?」と言った情報も教えて頂けました。

ですので自信を持って選考に臨めましたし、決まるのも最短で1週間、長くて1ヶ月〜1ヶ月半と早かったです。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【体験談】銀行員。独身者への産休、育休制度のしわ寄せから退職を決意

銀行員に転職した場合、株式やFXは禁止になる?

銀行員の1日とは?

銀行から転職をする時の面接のポイントと成功例

銀行の正社員の年収は?

銀行員から経理の仕事に転職するには?