【体験談】銀行員。独身者への産休、育休制度のしわ寄せから退職を決意

私は約10年ほど銀行員として勤務した後に、退職しました。

もともと金融業界にとても興味があったというわけではないのですが、自分の専門知識を活かすことで顧客や企業に貢献したい、顧客に貢献することで自分自身も成長したいという思いから金融業界に足を踏み入れました。

金融知識を身につけるまでは大変でしたが、日々勉強するうちに知識を身につけることができ、思った通りに顧客に貢献していると思える実感がわいていたのですが、働く中で自分のキャリアについて考えた時、ふと疑問がわいてきました。

もともと私の勤務していた銀行では、女性のキャリアアップに積極的で、産休、育休も取得しやすい環境だったのですが、その分、未婚、子なしの人にとってはしわ寄せがきつかったのです。残業が増え、休日はぐったりすることが多くなりました。疲労感でいっぱいだった時、ふと、自分のやりたいことはこれじゃない、と実感し、退職を決意。今はフリーで好きなことを仕事にできています。後悔は全くありません。

産休、育休制度を整備するにあたっては、対象者以外のこともしっかりと考えるべきだと感じました。

(38歳女性、正社員、リテール)

 

自分の希望を相談できる転職エージェント

「仕事がつらくて転職したいけど、求人情報はどこまで本当分からない」そんな不安をお持ちの方は多いです。

私も求人情報はどこまで本当なのか疑っていました。
そんな時には転職エージェントを使った方が良いです。
管理人は主に「doda」というエージェントを使用しました。

転職エージェントの方は、「どの業種だと残業が多い」といった事を把握していますし、紹介して頂ける募集案件にも「残業20時間」などきちんと書かれています。
また、ランチの場所があるのかどうか、といった細かい事も、聞けばエージェントの方が企業に聞いてくれます。

登録に出向くのは面倒だし交通費もかかりましたが、受けてみて本当に良かったです。
やっぱり自分の頭の中だけで考えていても限界がありますし、
人と話をする中で自分の頭の中も整理することができました。

このサービスを受けるためには、まずdodaのエージェントサービスへの登録が必要です。登録自体はとても簡単で、数分で終わります。

まずはdoda公式サイトのページに行きます。
続いて「エージェントサービスに申し込む(無料)」
を押して自分の情報を入力します。
この段階では詳細な職歴などの入力は不要です。
dodaのエージェントの方との面談の中でヒアリングがありますので、
その時に伝えても大丈夫です。

また、dodaでは転職のプロが応募前から内定後までトータルでサポートしてくれます。特に初めての転職でネックとなりやすい『履歴書』『経歴書』の作成サポートだけでなく、「面接でどんな質問が予想されるか?」と言った情報も教えて頂けました。

ですので自信を持って選考に臨めましたし、決まるのも最短で1週間、長くて1ヶ月〜1ヶ月半と早かったです。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【体験談】銀行は支店評価がキツい。

銀行から転職をする時の自己PRのポイントと成功例

銀行から転職をする時の履歴書の書き方のポイントと成功例

30歳半ばで銀行員からフリーランスの英語翻訳家に転身

【体験談】過不足金発生で信頼関係が台無しに

未経験で銀行に転職できる?