生保営業を辞める前に取得するべき資格とは?募集人資格はどうなる?

生命保険の営業として入社すると、まず生命保険募集人資格を得る為に、「一般過程試験」を受けますよね。
そして徐々に専門過程や応用過程、変額保険といった資格を取ります。

しかしながら、これらの資格というのは次の会社に持ち越すことができません。会社を辞める時に募集人資格や変額保険の資格は登録を削除されてしまいます。

では、また同じく保険会社に転職した場合はどうするのか?というと、「同じ試験を受ける」のです。

こういった資格は再度保険会社に就職する場合には努力した証としてアピールすることはできますが、保有資格として書けるかと言えばそうではないですよね。

そこで、どんな資格を取得しておけば転職時に役立つかをご紹介します。

転職の時に役立つ資格

1、証券外務員

この資格は有効期限がありませんし、会社が変わっても消滅することがないのでかなり万能です。

証券会社はもちろん、銀行に転職する時にも役立ちます。また、営業に転職することもできますし、窓口や事務、コールセンターへの転職にも役立ちます。

特に銀行では投資信託の販売に力を入れている所が増えていますので、その販売や問い合わせを受ける部署で働く場合に転職できる可能性が大きいです。

管理人も国内生保の営業をしていた時に、業務に使わないにもかかわらずなぜか会社で強制的に取得することになったのですが、これが転職時に役立ちました。

この資格があったために、派遣会社から仕事紹介の電話が来たのです。そのおかげで銀行の投資信託の販売・問い合わせのコールセンターに転職できました。

 

2、ファイナンシャル・プランナー(FP技能士)2級以上

この資格は試験科目を見て頂いても分かる通り、金融業界全般で役立つ知識を習得している証明になります。

AFPやCFP資格は協会に登録し、資格更新をする必要がありますが、FP技能士であれば更新の必要はなくずっと資格を保有することができます。

この資格は生保や銀行、証券会社や住宅ローン、建物管理会社といった、金融機関や資産運用に関わる業界で活かすことができます。

 

◼︎試験科目

ライフプランニングと資金計画

リスク管理

金融資産運用

タックスプランニング

不動産

相続・事業継承

 

管理人は当時、会社が研修をしてくれ、合格すると取得にかかった費用を負担してくれる制度があったので、これを活かして転職しよう!と資格取得に励みました。

そうした所、やはり登録していた派遣会社から「FP資格を使った新しい部署立ち上げの仕事がある」という依頼が電話で来て、無事に転職を果たすことができました。

 

資格を活用して有利に転職したいなら

金融機関に勤めていると、会社から受験するよう資格を取って行くだけで
かなりの数になる事が多いです。
せっかく取った資格、もしくは取ろうとしている資格は転職を成功させるために
活かしたいですよね。

また、全くの異業種に転職したい場合にも、例えば貿易事務など資格があると
やる気があるという意思表示になるため取得しておいた方が良い場合もあります。
しかしながらどんな資格が必要なのか、自分で調べていくのも結構時間がかかります。

そんな時には、業界について熟知している転職エージェントに聞くのが早いです。
エージェントは、どんな経歴や経験があれば、どこに行けるのかというのを知っているのです。
また、エージェントを通した方が、残業の実態や週休何日なのかという事を聞けたり、面接企業に同行してくれたりもします。

管理人は多数ある中から「doda」という転職エージェントを利用しました。
登録に出向くのは面倒だし交通費もかかりましたが、受けてみて本当に良かったです。
やっぱり自分の頭の中だけで考えていても限界がありますし、
人と話をする中で自分の頭の中も整理することができました。

このサービスを受けるためには、まずdodaのエージェントサービスへの登録が必要です。登録自体はとても簡単で、数分で終わります。

まずはdoda公式サイトのページに行きます。
続いて「エージェントサービスに申し込む(無料)」を押して
自分の情報を入力します。
この段階では詳細な職歴などの入力は不要です。
dodaのエージェントの方との面談の中でヒアリングがありますので、
その時に伝えても大丈夫です。

また、dodaでは転職のプロが応募前から内定後までトータルでサポートしてくれます。特に初めての転職でネックとなりやすい『履歴書』『経歴書』の作成サポートだけでなく、「面接でどんな質問が予想されるか?」と言った情報も教えて頂けました。

ですので自信を持って選考に臨めましたし、決まるのも最短で1週間、長くて1ヶ月〜1ヶ月半と早かったです。

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

外交員より来店型ショップの方がラク? 保険ショップの実態

生保営業を辞めさせてもらえない! どうやったら退職できる?

生保営業をして入社半年。新卒で入ったけど辞めたい。

生保営業を辞めたい!転職できる?

生保の営業から事務に転職はできる?

生命保険の営業はどれくらい稼げる?年収やその実態