生命保険営業の1日のスケジュールとは?

よく、採用活動用パンフレットに「時間の融通がきく」や「仕事の進め方は自分次第」と書いてありますが、実際の生保営業の1日はどのようなものなのでしょうか?

管理人の実際の体験をもとにお伝えします。

朝礼

会社によりますが、朝礼で連絡事項を共有したり、うまくいった事例の共有をしたりします。

また、昨日獲得できた契約の件数や保険金額の表彰もあります。

営業員とお客様役に分かれてロールプレイングという販売のシュミレーションをする場合もあります。

その日に回るお客様へお届けする資料の準備をした後、それぞれの訪問先へと出かけます。

 

一般家庭や企業へ訪問

アポイントが取れていれば、そのお客さまの家へ訪問します。

事前に自分で設計した設計書をプリントアウトしたものを使ってプランの説明をしたり、相談しながら設計書が作れるPCもあるので、それを使って要望に合わせてプランを変更したりします。

担当企業へ訪問する場合は、従業員がお昼休みの時間に話をします。

アンケートを取ってどの部署で働いているのかや、どのような家族構成なのかを伺い、アポイントを取ります。

企業のお昼休みはだいたい12〜13時なので、その時間に活動します。

 

昼食

一般企業のランチの時間が終わった後なので、飲食店ではゆっくり昼食を取れます。

 

また、外が晴れていればコンビニで買って公園などで食べたりします。

 

会社に戻る時間があれば、そこで食べたりもします。

 

一般家庭や飲食店の新規開拓

企業は仕事中で入ることができないため、この時間は一般家庭を訪問したり、飲食店や個人商店の店長などに保険の提案をします。

 

帰社

今日の活動を上司に報告します。

報告が終わったら、夕方に訪問する企業への準備をします。

 

担当企業へ再度訪問(夕訪)

企業の就業時間が過ぎた18時以降、残業している社員の方を訪問します。

また、この時間にアポが入っている場合は、そのお客様を訪問して保険の提案をします。

 

帰宅

夕方の訪問が終わって営業所に戻る場合もありますし、特に会社での用がなければ携帯で上司に今日の報告をして直帰します。

 

これにプラスして、採用活動もあります。

営業所での採用説明会といった方法もありますし、個人宅を訪問した時に、その家の方に提案したり、驚くかもしれませんが、訪問企業先の他社生保外交員に提案したりする場合もあります。

 

自分の希望を相談できる転職エージェント

金融業界は世間的なイメージがとても良く、また長く働ける安定度の高い職業として人気がありますが、ノルマが厳しかったり、理不尽な怒られ方をしたりと精神的につらい職業でもあります。

求人情報に「残業月10時間以内」と書いてあっても、本当に正確な情報かという不安が出てきますし、人間関係や募集の背景までは載っていないので分からないですよね。

そんな時に相談に乗って頂けるのが転職エージェントです。
管理人は主に「doda」というエージェントを使用しました。

転職エージェントの方は、実際のその企業の様子や、なぜ募集をしているのか知っていますし、様々な業界の様子を知っています。

登録に出向くのは面倒だし交通費もかかりましたが、受けてみて本当に良かったです。
やっぱり自分の頭の中だけで考えていても限界がありますし、人と話をする中で自分の頭の中も整理することができました。

このサービスを受けるためには、まずdodaのエージェントサービスへの登録が必要です。登録自体はとても簡単で、数分で終わります。

まずはdoda公式サイトのページに行きます。
続いて「エージェントサービスに申し込む(無料)」
を押して自分の情報を入力します。
この段階では詳細な職歴などの入力は不要です。
dodaのエージェントの方との面談の中でヒアリングがありますので、
その時に伝えても大丈夫です。

また、dodaでは転職のプロが応募前から内定後までトータルでサポートしてくれます。特に初めての転職でネックとなりやすい『履歴書』『経歴書』の作成サポートだけでなく、「面接でどんな質問が予想されるか?」と言った情報も教えて頂けました。

ですので自信を持って選考に臨めましたし、決まるのも最短で1週間、長くて1ヶ月〜1ヶ月半と早かったです。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

生保の営業から事務に転職はできる?

生保営業を辞めさせてもらえない! どうやったら退職できる?

外資系生保から勧誘された!転職するべき?その実態は?

生保営業を辞めたい!転職できる?

生保の営業は大変!営業職員が辞めたい理由とは?

生保営業をして入社半年。新卒で入ったけど辞めたい。