未経験で銀行に転職できる?

銀行にはどんな職種がある?

一言で銀行員と言っても、実は銀行の中では担当ごとにさまざまな職種に分かれています。

まずは銀行の顔であるテラーと言われる窓口です。
窓口に訪れたお客様の対応をし、預金の預かりは払い出し、振り込み等さまざまな業務を担当します。

次に渉外担当者です。
お客様のところを訪問して定期預金や住宅ローン・年金などの話をして契約を取って来ます。

お客様は個人から法人まで幅広いです。
この渉外担当は、法人営業担当、個人営業担当と分かれています。

次に融資担当者です。
企業が資金を必要とするときに融資を行う仕事で、先方の経営状態をチェックしたり将来性を分析したりしながら、融資が可能かどうかを判断します。

他にも、為替や外国通貨の両替などを担当する人、ローンの相談を専門としている人、窓口の後ろで主にパソコンに向かい機械業務を担当する人もいます。

未経験でも入りやすい職種は?

未経験で銀行に転職するのは現実としてはなかなか難しいかもしれません。

特に資格もない場合は、銀行の正社員として中途採用の求人はかなり少ないでしょう。

経験不問とうたっている場合でも、経験者と同じ土俵に立てば未経験者は不利になる可能性が高いです。

今の銀行は、窓口や事務業務はパートや派遣の人たちが担っている場合が多くあります。

正社員の銀行員は渉外担当として企業をまわったり、個人をお客様として営業をしています。

しかしながら派遣やパートとして銀行に入り、そこから正社員になるという方法があります。

成績優秀だったりやる気のあるパートや派遣の人を正社員として登用する制度を設けている銀行も多くあります。

未経験で最初から正社員を目指し転職するのではなく、パートや派遣として入り正社員になるチャンスを掴むというのが、未経験でも銀行に入りやすい方法かもしれません。

どんな資格があると転職しやすい?

銀行に転職するために持っているといい資格としてまず、証券外務員が挙げられます。

金融商品を取り扱う場合には法律上必要な資格であり、今の銀行で仕事をしていくうえでは必ず必要ともいえるでしょう。

証券外務員は1種と2種に分かれていますが、転職時の段階では2種でも十分評価されるはずです。

次に中小企業診断士です。

銀行は融資を行う上で企業側の経営状況に対する的確な評価や判断が求められます。

中小企業の経営状況をプロフェッショナルな視点で的確に把握できる中小企業診断士の資格は即戦力として評価されるでしょう。

次にファイナンシャルプランナーです。

今の銀行は投資信託等の金融商品を通じた顧客の資産形成を促す業務も収益の大きな柱となっています。

個人の財産形成をアドバイスしたり提案したりする技能や知識を有するファイナンシャルプランナーが銀行の中でも必要とされています。

ファイナンシャルプランナーなら2級以上持っているといいでしょう。

次に簿記です。

銀行で働いていく上では、簿記が基本となって作成される企業の帳簿内容を理解できることが求められます。

簿記2級以上を持っていれば転職時に評価されるでしょう。

最後に宅地建物取引主任士、いわゆる宅建です。

土地等を担保として融資を行うには、その土地に対する担保評価や法的な権利関係の把握など、不動産に関する専門的知識が重要になってきます。

また合格率も15%前後という難関の資格なので持っていると強みとなるでしょう。

未経験で銀行に転職できる? まとめ

未経験で銀行に正社員で転職するのは難しいかもしれません。

銀行員といっても、窓口、事務、渉外、融資など様々な職種があります。

中でも窓口や事務はパートや派遣の人が担って入りことが多いため、この職種なら未経験でも他の職種よりは入りやすいと言えるでしょう。

派遣やパートとして銀行に入り、正社員に登用してもらえるチャンスを伺うという手もあります。

また、もちろん未経験でも転職できないわけではありません。

経験不問で募集を出している銀行もたくさんあります。

そのときに経験者よりも不利にならないよう、銀行で使える資格を取っておくといいでしょう。

証券外務員、中小企業診断士、ファイナンシャルプランナー、簿記、宅地建物取引主任士は銀行で必要とされる資格であり、持っていると転職の際に評価してもらえるはずです。

◆自分の希望を相談できる転職エージェント

銀行員は世間的なイメージがとても良く、また長く働ける安定度の高い職業として人気があります。
だからこそ目指したい!と言う気持ちはとても良く分かります。

でも、「本当に未経験から目指せるの?」という不安も湧いてきますよね。

そんな時に相談に乗って頂けるのが転職エージェントです。
管理人は主に「doda」というエージェントを使用しました。

転職エージェントの方は、「どの仕事を経験しているとどの職種に行ける」というパターンを把握していますし、自分が思ってもみなかった案件を紹介してもらえる事も多いです。

登録に出向くのは面倒だし交通費もかかりましたが、受けてみて本当に良かったです。
やっぱり自分の頭の中だけで考えていても限界がありますし、
人と話をする中で自分の頭の中も整理することができました。

このサービスを受けるためには、まずdodaのエージェントサービスへの登録が必要です。登録自体はとても簡単で、数分で終わります。

まずは、doda公式サイトのページに行きます。

下記のボタンから公式サイトへ飛ぶことができます。

doda公式サイト

すると、次のような画像が表示されます。
(HPの更新で変更されている場合があります)

続いて、オレンジの部分の「エージェントサービスに申し込む(無料)」
を押して自分の情報を入力します。
この段階では詳細な職歴などの入力は不要です。
dodaのエージェントの方との面談の中でヒアリングがありますので、
その時に伝えても大丈夫です。

また、dodaでは転職のプロが応募前から内定後までトータルでサポートしてくれます。特に初めての転職でネックとなりやすい『履歴書』『経歴書』の作成サポートだけでなく、「面接でどんな質問が予想されるか?」と言った情報も教えて頂けました。

ですので自信を持って選考に臨めましたし、決まるのも最短で1週間、長くて1ヶ月〜1ヶ月半と早かったです。

doda公式サイトはこちら

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

30歳半ばで銀行員からフリーランスの英語翻訳家に転身

銀行員2年目。第二新卒でマスコミ業界へ転職。

30歳手前で銀行員から一般事務職へ転職。人間関係が良好に

銀行員から経理の仕事に転職するには?

銀行から転職をする時の履歴書の書き方のポイントと成功例

銀行員から医療事務に転職するには?