銀行員の1日とは?

午前中のスケジュール

銀行員時代の始業時間は8時45分でした。

8時には営業室に入っていました。

まずはすべての机を拭くことから1日が始まりました。

次に窓口やオペレーションの伝票の補充などを行い、窓口やオペレーション担当のパートさんが来たら滞りなく勤務を始められるよう整えます。

一通り終わると、自分の机で勉強したり新聞を読んでいました。

8時45分になると金庫が開き鍵などを取り出し、朝礼が始まります。

朝礼が終わるとATMコーナーのチェックに行きます。封筒の補充や、通帳繰越機の前日のデータをとったりします。

そうしているとあっという間に9時になりシャッターが開き開店します。

私は窓口担当、為替担当、出納担当のパートさんが休みの日は代わりとしてそれらの業務についていました。

そうでない日は、午前中は回覧物のチェックやメールチェック、お客様とのアポの合間に電話セールスをしたり、窓口からまわってきたお客様の対応をしていました。

アポがあれば、それだけで午前中が終わってしまうこともしばしばありました。

午後のスケジュール

1時間のお昼休憩を取り午後の勤務が始まります。

午後も基本的には午前中と変わりません。

窓口業務の場合は15時まで窓口に座り続けます。

15時に銀行がしまると、パートさんの代わりに窓口、為替、出納に入っている日は締めの業務を行います。

またその日に窓口で扱った税金や公共料金の支払いの伝票をまとめて締めることも私の仕事でした。

締めの業務のあとは、午前中に電話をしても繋がらないお客様に夕方電話をしたり、1日の営業成績を終礼で発表するためにまとめたりしていました。

その合間にATMコーナーのチェックや、待ち合い室の片付けや落し物のチェックなど気持ちよく次の日の仕事を始めるための準備をしていました。

銀行の窓口は15時までですが、そのあとにする仕事が多いことに初めは驚きました。

終業時刻になると終礼が行われます。

連絡事項の伝達のほか、係ごとに1日の営業成果、目標までの達成度の発表をするあたりは銀行特有なのかもしれません。

残業をしない日は定時で帰ります。

残っている人たちに挨拶をしてロッカーに戻り、給湯室のポットのお湯を捨てたり布巾を漂白したり食堂の片付けをしたりすることも新人である私の仕事でした。

残業はどれくらいある?どんな時に発生する?

残業は基本的に月に40時間までという決まりがありました。

私が在籍していた頃から極力残業は減らしていくという風潮で、ノー残業デーとして水曜日は早帰りの日として定時に帰ることになっていました。

渉外の男性などは毎月40時間ギリギリなようでしたが、個人営業を担当していた私は15時間程度でした。

残業をする場合というのは、お客様とのアポが定時後に入っている場合がほとんどでした。

仕事をしているお客様は銀行があいている時間にお話をすることができないので、夜アポを取って訪問したり銀行に来てもらったりしていました。

残業する場合は直属の上司に届け出を出して、その理由も伝えなければなりませんでした。

今現在は、私が在籍していた頃よりも残業に対してはさらに厳しくなっており、仕事ができるのは20時まで、上限も短くなっているそうです。

お客様とのアポ以外の理由で残業したことでよく覚えているのは、出納が1円合わずに帰れなかったことです。

よく銀行は1円合わなくても帰れないなどと聞いていましたが、実際そうなんだなと思いました。

営業室内はもちろんのこと、ゴミ箱を隅から隅まで探して、それでもどこにもなくて、3時間ほど探し回りました。

銀行員の1日とは? まとめ

銀行員の1日はその日の担当の係によって大きく変わります。

お休みのパートさんの代わりに窓口、為替、出納に入る日は、基本的には1日その係に携わります。

そうでない日は、窓口からまわしてもらったお客様の対応をしながら時間をみて電話セールスをしたり、アポがあればお客様を訪問したり銀行に来てもらってお話をします。

手が空いた時にまとめて回覧物をチェックしたり、商品を読み込んで勉強することもありますが、そこまでまとまった時間を取れることはあまりありません。

15時に銀行がしまったあとも、1日の数字を締めたり機械を締めたりと仕事は続いていきます。

夕方や夜しか時間の取れないお客様とは15時以降にアポをとっていく形になります。

今は残業はなるべくしないようにという姿勢をとっている銀行が多いようです。

渉外の男性などは月に40時間くらいになってしまうこともありますが、個人を相手とした営業ならば20時間前後の残業でおさまる人が多いのではないでしょうか。

 

◆管理人がよく使用した転職エージェント

「銀行員になりたい」と考えている方は、「安定した環境で働きたい」と考えていらっしゃる方が多いかと思います。

しかし、本当に安定しているのか、時間通りに帰れるのかなどは実際に入社してみないと募集要項通り本当かどうかは分からない場合も多いです。

また、実際の職場の様子は職種によっても違いますし、都市銀行なのか地方銀行なのか、信用金庫なのかによっても少しずつ変わります。

さらに言えば「安定した職場」は銀行だけではないかもしれません。
実際に自分の雰囲気に合わない場合もあります。

例えば管理人は生保の営業をしていましたが、その時はみんな服装も華やかな雰囲気でした。

ですが某銀行で働いた時は女子はみんなほぼ黒スカートで「お葬式?」と思ったことがあります。

みんな毎日無地の洋服で、特に「黒を着なければいけない」という指定もないのに、みんな制服のような服装をしていました。

そういった失敗があったので、管理人は職場の雰囲気を第三者から聞ける「doda」というエージェントを利用しました。

dodaのエージェントの方との面談を通して自分のスキルの棚卸しができましたし、
色々な案件を紹介してもらえるたので
「あ、自分はこんな職種にも挑戦できるんだ!」とも思いました。

そもそもdodaは銀行関連の公開求人だけで1784件(2018年現在)ありますし、
表に出てきていない非公開求人もあります。
銀行以外の業種にも範囲を広げると、全部で13万件近くあります。

それだけ転職できる可能性がありますが、逆に言えば選ぶのが大変です。
だからこそエージェントの方のサポートがとてもありがたいのです。

登録に出向くのは面倒だし交通費もかかりましたが、受けてみて本当に良かったです。
やっぱり自分の頭の中だけで考えていても限界がありますし、
人と話をする中で自分の頭の中も整理することができました。

このサービスを受けるためには、まずdodaのエージェントサービスへの登録が必要です。登録自体はとても簡単で、数分で終わります。

まずは、doda公式サイトのページに行きます。
(下記のボタンから公式サイトへ飛ぶことができます)
doda公式サイト

 

すると、次のようなページが表示されます↓

続いて、オレンジの部分の「エージェントサービスに申し込む(無料)」
を押して自分の情報を入力します。
この段階では詳細な職歴などの入力は不要です。
dodaのエージェントの方との面談の中でヒアリングがありますので、
その時に伝えても大丈夫です。

また、dodaでは転職のプロが応募前から内定後までトータルでサポートしてくれます。特に初めての転職でネックとなりやすい『履歴書』『経歴書』の作成サポートだけでなく、「面接でどんな質問が予想されるか?」と言った情報も教えて頂けました。

ですので自信を持って選考に臨めましたし、決まるのも最短で1週間、長くて1ヶ月〜1ヶ月半と早かったです。

DODA公式サイトはこちら

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

銀行員が転職する時に有利な資格とは?

銀行の正社員の年収は?

銀行から転職をする時の面接のポイントと成功例

30歳半ばで銀行員からフリーランスの英語翻訳家に転身

【体験談】銀行員。独身者への産休、育休制度のしわ寄せから退職を決意

銀行員から転職するにはどんな業界が有利?