銀行員から転職するにはどんな業界が有利?

銀行員は転職に有利なの?

銀行員から転職しようと思うと、色々な業界、企業があるので一概には言えませんが、銀行員という肩書は転職を有利にしてくれるものだと言っていいでしょう。

特に書類選考の段階では有利なことが多く、書類選考を通り面接まで進めることが多いのではないかと思います。

一般的には、世間の目から見た銀行員はとても信頼がおける職業です。

中途採用をする側も、「銀行に入れた人なら大丈夫」「銀行で働いていた人なら仕事をしっかりしてくれるだろう」と考える人も多いようです。

しかしもちろん、銀行での在籍期間や仕事内容によっては、銀行員という肩書きだけでは有利にならない場合も多くあります。

例えば、大手銀行で1年働いた実績は必ずしも評価されるとは限りません。

「仕事の続かない人」と思われてしまう可能性もあります。

逆に10年以上銀行で働いている実績のある人は、人間としても仕事のスキルとしても高く評価してもらえるでしょう。

これは極端な場合かもしれませんが、「銀行に入社して働いている」ということは有利になると考えていいでしょう。

銀行員から転職しやすい業界とは?

銀行員が転職しやすい業界としてはまず、同じ金融業界が挙げられます。

その中でも銀行と似ている職種としては、証券会社やクレジットカード会社があります。

どちらも銀行同様にそこで働く個人の資質も重視されるので、銀行員という信頼のある肩書があると有利に働くでしょう。

勤続年数の長い銀行員が転職する場合、かなり多くの人が同じ金融業界に転職していくと言われています。

また不動産業界も融資やお金の知識の面で、能力が活かせる可能性が高く、全く未知の世界というわけでもないので転職しやすいといえるでしょう。

しかし銀行員として働き始めて2.3年の第二新卒と言われるうちなら、金融業界以外に転職していく人も多くいます。

2.3年目いうと銀行員としての経験はまだまだというところなので、銀行員としての経験を生かすといえるほどの経験がないことも多々あるからです。

それをプラスに捉えて、金融業界にとらわれることなく様々な業種に転職していくのです。

どの業種に進んだとしても、企業が存在する以上必ずお金の動きが発生します。

そのときに少なからず銀行での知識を生かせるでしょう。

そのため第二新卒の銀行員は中途採用する側からみても採用しやすいそうです。

銀行での経験が役に立つ業界とは?

銀行での経験が役に立つのは、やはり同じ金融業界です。

銀行だけではなく、生命保険会社、損害保険会社、カード会社、リース会社などは銀行よりもノルマ第一という風潮はないと言われており、きついノルマに疲れて銀行から転職したいと考える人にはいいかもしれません。

銀行員としてある程度仕事をしてきた経験があれば、数字に強く経営的な視点を持っている、きちんとした研修を受けているので、社会人として信頼できる、資格を取っているため知識があるなどと評価してもらえると思います。

仕事内容だけではなくて、社会人としての経験を役立てるなら金融業界のみならずあらゆる業界で可能でしょう。

銀行で法人営業をしてきた人なら、経理職も経験を生かせるはずです。

経理の仕事への転職は経理職として経験が何よりも有利とは言われますが、銀行側から企業をみてきた経験は生かせるでしょう。

また銀行で窓口業務や事務に携わってきた人なら、事務職としてその経験を生かせるでしょう。銀行の事務作業はミスが許されません。

そこで培った正確性は重宝されるはずです。

銀行員から転職するにはどんな業界が有利? まとめ

銀行員から転職する場合、同じ金融業界は有利といえるでしょう。

銀行員として経験してきたことを生かすこともできるはずです。

不動産業界も銀行との関連は多く、転職しやすい業界だと言えます。

しかし銀行員からの転職の有利さは、勤続年数とも関係します。

長く銀行で働いてきた人なら金融業界が有利なことが多いですが、2.3年ならば金融業界にとらわれることはありません。

金融業界のみならず、様々な業種への転職のチャンスがあります。

その際にも銀行員という肩書きがマイナスに作用するのことはないでしょう。

銀行員として身につけた社会人としての意識や行動、様々な資格などアピールポイントはたくさんあり、銀行に入行したという事実は、採用担当者から人としての信頼を得ることができるでしょう。

◆自分の現在地を知るには転職エージェントの活用を

転職をしようと思った時に、「自分は果たして転職できるだけの価値があるの?」とか
「私の少ない経験で転職できるの?」「転職市場でものすごく相場が低かったらどうしよう?」など不安になることは多いと思います。

「転職できるだけの経歴がないのにエージェントに相談なんてしていいのかな?」
と思う事もあるでしょう。
私もそう思っていました。

でも、それは間違いでした。
友人などに相談したり、既に働いている知り合いなどに話を聞いてみることもできますが、結局専門家ではないので解決にならない事が多かったです。
そのような時に役立ったのが転職エージェントでした。

管理人は「doda」というエージェントを使いましたが、
自分の市場価値を客観的に判断して頂けたのでとても参考になりました。

登録に出向くのは面倒だし交通費もかかりましたが、受けてみて本当に良かったです。
やっぱり自分の頭の中だけで考えていても限界がありますし、
人と話をする中で自分の頭の中も整理することができました。

このサービスを受けるためには、まずdodaのエージェントサービスへの登録が必要です。登録自体はとても簡単で、数分で終わります。

まずは、doda公式サイトのページに行きます。
(下記のボタンから公式サイトへ飛ぶことができます)

doda公式サイト

次にメニューバーの左から2つ目、「エージェントサービス」のタブを押します。
(HP更新で画像が変更になっている場合があります)

続いて、オレンジの部分の「エージェントサービスに申し込む(無料)」
を押して自分の情報を入力します。
この段階では詳細な職歴などの入力は不要です。
dodaのエージェントの方との面談の中でヒアリングがありますので、
その時に伝えても大丈夫です。

また、dodaでは転職のプロが応募前から内定後までトータルでサポートしてくれます。特に初めての転職でネックとなりやすい『履歴書』『経歴書』の作成サポートだけでなく、「面接でどんな質問が予想されるか?」と言った情報も教えて頂けました。

ですので自信を持って選考に臨めましたし、決まるのも最短で1週間、長くて1ヶ月〜1ヶ月半と早かったです。

doda公式サイトはこちら

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

銀行の正社員の年収は?

未経験で銀行に転職できる?

銀行から転職をする時の自己PRのポイントと成功例

30歳手前で銀行員から一般事務職へ転職。人間関係が良好に

【体験談】銀行の営業ノルマと人間関係

銀行員から経理の仕事に転職するには?