銀行の正社員の年収は?

銀行員の収入ってどれくらいなの?

銀行員の年収は銀行の規模や地域、年齢、役職によってかなり開きがあります。

銀行全体の平均年収は600万円を超えています。

一般企業全体の平均年収が400万円くらいなので、銀行員は他の業種の人よりも、年収が高いと言えるでしょう。

しかし入行したばかり銀行員や20代のうちは年収はそう高くはなく、役職もつかないので大幅に給料が上がることもありません。

初任給は20万円ほどのところが多く、私が正社員として入った時は19万5千円でした。

これに残業代などがつかずに税金や保険を天引されれば、おそらく他の企業よりも手取りとしては少ないくらいだったと思います。

銀行員の年収が上がり始めるのは30代を過ぎてからです。

30代になると役職がつくようになり、給料も段々と上がってきます。

20代では年収も400~450万円程度だったのが30代中盤から40代となると600万、700万と上がっていき、支店長にまでなれば年収が1000万を超える人も出てきます。

女性銀行員の収入はどれくらい?

女性銀行員の年収は、一般職か総合職かの違いで大きく変わります。

一般職の場合、年収は350〜400万円ほどです。

一般職は昇格することがあまりないため年収の伸び幅も少なく、年収500万円までいくことはなかなかないようです。

一方総合職の場合はほぼ男性の年収と同じだと考えていいでしょう。

バリバリ仕事をして昇格し役職もついていけば、男性のように年収600万、700万と上がっていく可能性があります。

しかし銀行員の年収が上がり始める30代は、多くの女性が結婚、出産を経験していきます。

産休、育休を取り職場に戻ったとしても、時短勤務を選ぶ人も多いです。

休んでいた分昇格は遅れていきますし、時短勤務も給料やボーナスに反映されてしまいます。

そのため女性の銀行員の年収は男性よりも低くなる傾向があるようです。

しかしそれでも一般企業と比べると、銀行員の女性の年収は高くなることが多いようです。

社内評価はどのように給与に反映される?

銀行の社内評価は、給与よりも賞与に影響してくる銀行が多いです。

私のいた銀行では、賞与に合わせて半年に1回評価されました。

支店勤務だったため、評価は支店長が行います。

まずは期初に設定した営業の目標を達成できたかどうかです。

達成できた項目、達成できなかった項目、支店長はそこに至る営業の様子や勤務態度なども見ていたようでした。

また自分の成績だけでなく、支店の成績がよかった場合は、それもプラスの評価として加えられました。

目標達成だけが評価ではなく、資格試験の合格も評価されるポイントとなっていました。

私のいた銀行では、資格はポイント制になっていて、この評価だけでなくそれぞれの役職への昇格に必要な資格ポイントが設定されていました。

このような評価で判断されて、賞与基準にプラスされて、成績がよければその次のボーナスで反映されるという形でした。

なので、がんばればがんばるほど年収は上がります。

銀行の正社員の年収は? まとめ

銀行員の年収は、銀行の規模や年齢、役職により変わってきます。

銀行全体の平均年収は600万円を超え、他の業種の人よりも年収は高いです。

20代のうちは年収はそう高くはなく、役職もつかないので大幅に給料が上がることもありませんが、30代になると給料も段々と上がってきます。

30代中盤から40代となると600万、700万、支店長にまでなれば年収が1000万を超える人も出てきます。

女性の場合は一般職か総合職かの違いで年収は大きく変わります。

一般職の場合は350〜400万円ほどのことが多いようです。

総合職の場合はほぼ男性と同じと考えていいのですが、年収が上がっていく30代で育休をとったり時短勤務を選ぶ女性が多いので、男性ほどの年収をもらえる女性は少ないかもしれません。

また年収は自分の成績にも影響され、成績がよければボーナスも上がるので年収も上がります。

 

◆年収相談もできる転職エージェント

転職をする時は、年収はとても大事な項目です。

キャリアアップなどの前向きな転職であれば、年収もアップさせたいですね。

そんな中、求人情報に例えば「20万〜25万(経験による)」などと書かれていた場合、どう交渉したら良いのか分からないと思います。

そういった時に頼りになるのが転職エージェントです。
転職エージェントであれば相場を分かっていますし、代わりに交渉もしてくれます。

登録に出向くのは面倒だし交通費もかかりましたが、管理人は受けてみて本当に良かったです。

管理人は「doda」という転職エージェントを使いましたが、しっかり交渉してくれ、ボーナスの額も妥当なのか教えてもらえました。

このサービスを受けるためには、まずdodaのエージェントサービスへの登録が必要です。登録自体はとても簡単で、数分で終わります。

まずは、doda公式サイトのページに行きます。
(下記のボタンから公式サイトへ飛ぶことができます)

doda公式サイト

すると、次の画像のページが表示されます。
*HPの更新で変更になっている場合があります

続いて、オレンジの部分の「エージェントサービスに申し込む(無料)」
を押して自分の情報を入力します。
この段階では詳細な職歴などの入力は不要です。
dodaのエージェントの方との面談の中でヒアリングがありますので、
その時に伝えても大丈夫です。

また、dodaでは転職のプロが応募前から内定後までトータルでサポートしてくれます。特に初めての転職でネックとなりやすい『履歴書』『経歴書』の作成サポートだけでなく、「面接でどんな質問が予想されるか?」と言った情報も教えて頂けました。

ですので自信を持って選考に臨めましたし、決まるのも最短で1週間、長くて1ヶ月~1ヶ月半と早かったです。

doda公式サイトはこちら

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

銀行から転職をする時の面接のポイントと成功例

銀行員から医療事務に転職するには?

銀行から転職をする時の職務経歴書の書き方のポイントと成功例

【体験談】銀行の営業ノルマと人間関係

銀行から転職をする時の自己PRのポイントと成功例

銀行員から公務員に転職するには?