証券会社の年収は?

地域や職種によって異なりますが、250万~2000万と幅があり、上は他業種より高めの設定です。

営業はインセンティブが入るため幅が出てきます。

 

証券営業のトップはどれくらい稼げる?

証券営業のトップは1000万~数千万稼ぎます。

もちろん会社によって上限は異なりますが、営業はインセンティブがあるため成績へのコミットが高ければ高いほど稼ぐことが可能です。

営業のトップになる人は、経験年数が長く、知識が豊富でコミュニケーション能力が高い人が多いです。

でなければ資産の大きなお客様の担当にはなれませんし、お客様もお金を預けてくれません。

それ相応の努力と犠牲があっての稼ぎです。

また稼ぐ人は事務処理能力も高いです。

若いころからの日々の積み重ねが1000万円以上の稼ぎにつながるのだと思います。

また、証券会社は人との付き合いが非常に重要になってきます。

コミュニケーション能力と付き合いの上手い人がトップレベルの稼ぎになっている傾向があります。

 平均的にはどれくらいの収入?

平均は500万円~800万円くらいです。

これも地域や職種によって異なります。

他業種よりは比較的高めの設定になっています。

それこそ事務職より営業職の方が平均収入も高くなります。

営業職は平均600万くらいになります。

事務職になるとインセンティブにも上限が出てくるので、平均350万くらいになります。

また地方より首都圏のほうが平均収入は高めの傾向があります。

地域手当や全国職(全国転勤)、地域限定職(自宅から通える範囲の転勤のみ)によっても差が出てきます。

金融業界は残業手当がしっかりと出ますし、役職がつけばまた収入も上がります。

ただほとんどが営業という職種になるので、他業種よりも平均収入は高くなります。

 

全国的な表彰制度はあるの?社内での表彰はどのような感じなの?

会社によってですが、全国展開している大手証券会社であれば全国的な表彰制度はありますし、ある都道府県限定の地方証券会社でも全社での表彰制度はあります。

基本的には売上に応じた表彰になります。

良い成績を収めた人が毎年決められた月に本店や会場に呼ばれて表彰されます。

全支店に名前が公表されますし、めったにない社長直々のお言葉をいただけます。

また、会社によっては金一封をもらえます。

これも会社によってですが、月毎、半期毎など区切りのよいときに支店内で表彰制度があったりします。

その場合は支店内のみでの発表になりますが、インセンティブが加算されます。

やった分評価され、報酬がある。

これが営業職全員のやりがいにつながります。努力した分だけ評価されるという風土です。

 

証券営業の年収は? まとめ

努力すればするほど年収は上がります。

事務職であれば300万~400万前後、営業であれば500万~数千万前後まで稼ぐことが可能です。

営業は成績がすべてではあるので、どれだけ目標にコミットしたかが鍵になります。

コミットするためには知識や能力が不可欠になります。

入社してたった数年で数千万円稼ぐ人はなかなかいません。

地道な努力の積み重ねと経験がよい成績をおさめることにつながります。

営業はお客様の大事なお金を預かる非常に重要かつ大変な職種です。

それに見合った報酬を受け取ることができるのも証券業界の特徴かもしれません。

他業界より高めに設定されており、インセンティブもプラスすれば、同年代よりも稼ぐことは可能となります。

 

年収の相場を知るためには転職エージェントを活用

証券会社で働きたい場合、営業成績がダイレクトに自分の給与に反映される仕事なので、「この仕事で自分は上手くやっていけるのか」「家族を養っていけるのか」など熟考するケースが多いでしょう。

もちろん、友人などに相談したり、既に働いている知り合いなどに話を聞いてみることもできますが、一人の体験談だけでは中々客観的に判断することはできないはずです。
そのような時に役立つのが転職エージェントです。

管理人は「doda」というエージェントを使いましたが、
自分の市場価値を客観的に判断して頂けたのでとても参考になりました。

登録に出向くのは面倒だし交通費もかかりましたが、受けてみて本当に良かったです。
やっぱり自分の頭の中だけで考えていても限界がありますし、
人と話をする中で自分の頭の中も整理することができました。

このサービスを受けるためには、まずdodaのエージェントサービスへの登録が必要です。登録自体はとても簡単で、数分で終わります。

まずは、doda公式サイトのページに行きます。

続いて「エージェントサービスに申し込む(無料)」
を押して自分の情報を入力します。
この段階では詳細な職歴などの入力は不要です。
dodaのエージェントの方との面談の中でヒアリングがありますので、
その時に伝えても大丈夫です。

また、dodaでは転職のプロが応募前から内定後までトータルでサポートしてくれます。特に初めての転職でネックとなりやすい『履歴書』『経歴書』の作成サポートだけでなく、「面接でどんな質問が予想されるか?」と言った情報も教えて頂けました。

ですので自信を持って選考に臨めましたし、決まるのも最短で1週間、長くて1ヶ月〜1ヶ月半と早かったです。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

証券会社から転職をする時の面接のポイントと成功例

証券営業は数字との戦い。仕事の終わりが見えない。

証券会社の社員に転職。株取引はできるの?

証券会社の営業から転職する時に有利な資格とは?

証券会社から公務員へ転職するには?

証券会社から転職をする時の履歴書の書き方のポイントと成功例