銀行員から経理の仕事に転職するには?

経理の仕事とは?

経理の仕事は、企業におけるお金の流れを管理する仕事です。

会社のお金の流れを帳簿につけ、その流れを月、年単位で集計して会社の役員のみならず、投資家や株主、債権者などの利害関係者に報告します。

簿記会計の原則に沿って、会社の日々の取引を記録し、最終的な目的として会社の財務状態や利益がいくら出たのかなどを表示する、貸借対照表と損益計算書などを作成し株主総会、申告納税をして関係各位へ報告する業務を担います。

仕事の流れとしては、日々の取引が発生する都度、帳簿に記録し、毎月、試算表という財務内容がわかる書類を記し、中間期や期末などの区切りごとに決算書類を作成し報告します。

定期的に財務報告をし、正しい数字で審査ができる会社は、金融機関からの評価も高くなります。

すぐに正しい経理情報を出せることは会社運営にとってとても重要なことなのです。

経理の仕事は縁の下の力持ちとも言われ、会社を経営していくうえでとても大事な仕事です。

銀行員から経理の仕事に転職できる?

銀行員から経理へ転職できる可能性は十分にあります。

銀行で法人営業に携わってきた人であれば、その経験を少しでも生かしたいと考えて経理へ転職していく人は多いようです。

銀行員はおそらくノルマに追われる日々であり、そのストレスや重圧から解放されたいと考えて転職していく人がほとんどです。

ノルマのない経理職は魅力的な転職先になるのでしょう。

しかし「銀行員は決算書を読めても、作る事は出来ない」と言われてしまうこともあるようです。

銀行員は法人営業として企業と関わり経営状態をみていきますが、作成されたものを見て分析しています。

経理の仕事は、日々の経費管理や毎月の月次決算の作成、給与計算や支払い、自社の資金管理などです。

銀行員としてこれまで接してきたお金に関わる仕事とは全く世界が違う仕事であるということは覚悟する必要があるかもしれません。

準備として簿記2級程度の知識は身につけておいた方がいいでしょう。

とはいえ、金融業界以外のところから経理への転職に比べたら銀行員から経理への転職の方が有利になることは間違いないでしょう。

経理に転職するのに必要な資格とは?

銀行員からの転職で考える企業の経理職は、税理士や公認会計士のように国家資格を取らなければできないものではありません。

基礎的なパソコンのスキルや、社会人としての一般常識とコミュニケーション能力があれば誰でもできる仕事であり、特別な資格は求められない場合がほとんどだと思います。

資格よりも経験が重視される職種でもあるようです。

経理としての経験がない場合、持っていると有利になると考えられる資格は簿記です。

簿記の勉強をすることにより、帳簿を記入できるようになるというだけではなく企業の経理業務に必要な会計の知識が身に付きます。

また、財務諸表や貸借対照表の数字から会社のお金の流れや経営について分析したり、基礎的な経営管理能力が身につくようになるからです。

簿記2級程度なら独学での取得が可能です。

経理職への転職を考えるならば、取得しておいた方がいいでしょう。

また現在の経理職においてパソコンを利用しないことは考えられないので、マイクロソフトオフィスの資格も取っておくとアピールポイントになるでしょう。

ワード、エクセル、パワーポイントに加え、経理職を目指すならデータベースに対する考え方や知識が必要となる場合もあるのでアクセスに対する資格も保有しておくことをオススメします。

銀行員から経理の仕事に転職するには? まとめ

銀行員として働き、特に法人営業に携わってきた人ならば、経理の仕事は身近に感じるかもしれません。

銀行員から転職をする際に、経理を選ぶ人も多くいます。

銀行員から経理へ転職することは可能で、銀行員だったということは履歴書や面接の際に強みになる場合もあるでしょう。

銀行員という肩書きは企業からしたらとても信頼できるものです。

しかし経理も経験が大切なようです。

いくら銀行員で企業の貸借対照表などを読んできたとは言っても、それはあくまでも銀行の仕事として、のことです。

企業の経理で仕事をしていくために十分な経験ではありません。

経理の仕事をスムーズに始めるために、簿記2級程度の知識を身につけておくといいでしょう。

簿記2級なら独学でも取得可能です。銀行員と経理、同じお金を扱うということで似ている仕事のように感じてしまいますが、実際は全く違うということを覚悟して勉強し、転職活動を行なっていきましょう。

 

◆自分の現在地を知るには転職エージェントの活用を

転職をしようと思った時に、「自分は果たして転職できるだけの価値があるの?」とか
「私の少ない経験で転職できるの?」「転職市場でものすごく相場が低かったらどうしよう?」など不安になることは多いと思います。

また、どんな資格を取得するのが今の自分にプラスになるのか不安になったり、
「転職できるだけの経歴や資格がないのにエージェントに相談なんてしていいのかな?」
と思う事もあるでしょう。
私もそう思っていました。

でも、それは間違いでした。
友人などに相談したり、既に働いている知り合いなどに話を聞いてみることもできますが、結局専門家ではないので解決にならない事が多かったです。
そのような時に役立ったのが転職エージェントでした。

管理人は「doda」というエージェントを使いましたが、
自分の市場価値を客観的に判断して頂けたのでとても参考になりました。

登録に出向くのは面倒だし交通費もかかりましたが、受けてみて本当に良かったです。
やっぱり自分の頭の中だけで考えていても限界がありますし、
人と話をする中で自分の頭の中も整理することができました。

このサービスを受けるためには、まずdodaのエージェントサービスへの登録が必要です。登録自体はとても簡単で、数分で終わります。

まずは、doda公式サイトのページに行きます。

下記のボタンから公式サイトへ飛ぶことができます。

 

doda公式サイト

すると、次のようなページが表示されます。
(画像は更新で変更になっている可能性があります)

続いて、オレンジの部分の「エージェントサービスに申し込む(無料)」
を押して自分の情報を入力します。
この段階では詳細な職歴などの入力は不要です。
dodaのエージェントの方との面談の中でヒアリングがありますので、
その時に伝えても大丈夫です。

また、dodaでは転職のプロが応募前から内定後までトータルでサポートしてくれます。特に初めての転職でネックとなりやすい『履歴書』『経歴書』の作成サポートだけでなく、「面接でどんな質問が予想されるか?」と言った情報も教えて頂けました。

ですので自信を持って選考に臨めましたし、決まるのも最短で1週間、長くて1ヶ月〜1ヶ月半と早かったです。

doda公式サイトはこちら

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

銀行員2年目。第二新卒でマスコミ業界へ転職。

未経験で銀行に転職できる?

銀行から転職をする時の自己PRのポイントと成功例

【体験談】銀行員。独身者への産休、育休制度のしわ寄せから退職を決意

【体験談】銀行は支店評価がキツい。

銀行から転職をする時の職務経歴書の書き方のポイントと成功例