損害保険の営業への転職は?給料や休日はどうなの?

損害保険の営業に転職をするには?

損害保険の営業には2つあります。

個人向けの営業と法人向けの営業です。

そして、損害保険会社の営業部門というのは主に代理店が担っていますので、代理店の営業職員として就職する事になります。

法人相手の営業をするには?

個人向けの営業であれば、誰かしらに声をかけてアポイント取り、話を聞いていただき契約まで結びつけるプロセスという流れは営業経験者でなくとも何となくイメージできるのではないかと思います。

この点については数をこなしたり先輩の営業スタイルを見学させてもらったりして行けば身についていきます。

しかし、これまで個人相手の営業をしていた人がいきなり法人営業をできるのでしょうか?

法人営業も、営業をするのは自由なので足を運ぶ事はできるのですが、法人対法人で取引をしていないと話を聞いてくれない、といったところもあります。

つまり、その見込み先の法人と何らかの仕事上の付き合いがないといけないのです。

例えば自動車保険であれば、保険会社が販売店で車を買う見込み客を集めて販売店に紹介し、販売店は保険会社が紹介した購入者に対してその会社の保険を販売する、といったようなギブ&テイクの関係があるのです。

 営業先はどのような企業なの?

新規開拓であれば、業種を問わず営業します。

今の日本の会社は、だいたいどこかしらの保険会社ですでに保険に加入しています。

ですので他社から自分の会社に契約を変更してもらう事になります。

携帯会社が他社からの乗り換え合戦をしていますが、それと同じような状況です。

自動車保険や火災保険、あるいは従業員の傷害保険の契約を変更してもらいます。

 

その他、紹介先を開拓するという営業スタイルもあります。

この場合、車のディーラー、修理工場、板金屋などを思い当たるところ片っ端から回って、自動車保険の話があれば紹介してもらうよう頼んでみます。

そして成約したらマージンを渡します。

ここでもやはりギブ&テイク(持ちつ持たれつ)の関係が大切で、自動車保険を紹介してもらう代わりに、お客さんが事故を起こしたときその修理工場を紹介するといった約束を提示され、それを守る事が大切です。

火災保険であれば不動産屋を片っ端から当たります。

 

損害保険営業の給料はどれくらい?

保険代理店の給料は、固定給プラス歩合給になります。

契約がたくさん取れれば給料はそれに応じてプラスになります。

営業成績を上げるのは厳しいですが、人間力や交渉力、相手の利益になることを常に考えるために自分の魅力が上がる、やりがいのある仕事です。

 

損害保険営業の休日は?

いくらコールセンターがあっても、事故があればお客様は信頼のおける営業の人に電話をしてきます。

残業が少なく休日をしっかり取得したい人には難しいでしょう。

契約を取るためにお客さんに会うには、相手が個人なら休日に訪問する場合が多いです。

相手が法人でも時間外にしてくれという会社も多いです。

 

特に自動車保険は他の保険に比べて事故の確率が多い保険です。

時間を問わず携帯に電話がかかってきますので、携帯電話は、24時間・365日肌身離さず持っていなければなりません。

また、損害保険に関する試験もありますので、休日も勉強することがあります。

損害保険の営業になるために注意するべきこと

金融業界の特徴として、「自分で作成した資料は使えない」というものがあります。

パンフレットなども審査が通ったものでないと使えません。

何だか分かりにくい、と思う資料でも話し方で工夫するなどしてお客様にしっかり理解してもらう必要があります。

昨今は金融庁から厳しい指導がなされ、契約をするときにも重要事項をきちんと説明し、お客さんに理解していただいたうえで内容承諾の書類に署名をとらないといけなくなりました。

また、領収書も間違えたら簡単に捨てられるものではなく、きちんと破棄の報告・処理をしてから新しい領収書を作成する必要があります。

個人情報の管理もかなり厳しく問われますので、顧客情報などはカギのかかるキャビネットに施錠管理します。

来客についても来客スペースと事務スペースについたてを立てるなどして、お客さんの契約情報など見えないように配慮します。

それから顧客情報の入ったバックを車などに置き忘れて盗まれた場合、金融庁に報告されるとともに、契約者宅や取引先企業を一件一件お詫びに回る必要が出てくる上に、然るべき処分を受けます。

 

 

自分の希望を相談できる転職エージェント

金融機関は世間的なイメージがとても良く、また長く働ける安定度の高い職業として人気があります。
また、金融営業は形が無い商品ですが、その分人間力が問われるので、人間力や営業力を磨くにはチャレンジしがいのある職業です。

でも、「本当に未経験から目指せるの?」という不安も湧いてきますよね。

そんな時に相談に乗って頂けるのが転職エージェントです。
管理人は主に「doda」というエージェントを使用しました。

転職エージェントの方は、「どの仕事を経験しているとどの職種に行ける」というパターンを把握していますし、自分が思ってもみなかった案件を紹介してもらえる事も多いです。

登録に出向くのは面倒だし交通費もかかりましたが、受けてみて本当に良かったです。
やっぱり自分の頭の中だけで考えていても限界がありますし、
人と話をする中で自分の頭の中も整理することができました。

このサービスを受けるためには、まずdodaのエージェントサービスへの登録が必要です。登録自体はとても簡単で、数分で終わります。

まずは、doda公式サイトのページに行きます。

続いて「エージェントサービスに申し込む(無料)」
を押して自分の情報を入力します。
この段階では詳細な職歴などの入力は不要です。
dodaのエージェントの方との面談の中でヒアリングがありますので、
その時に伝えても大丈夫です。

また、dodaでは転職のプロが応募前から内定後までトータルでサポートしてくれます。特に初めての転職でネックとなりやすい『履歴書』『経歴書』の作成サポートだけでなく、「面接でどんな質問が予想されるか?」と言った情報も教えて頂けました。

ですので自信を持って選考に臨めましたし、決まるのも最短で1週間、長くて1ヶ月〜1ヶ月半と早かったです。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

損害保険会社から転職をする時の面接のポイントと成功例

NO IMAGE

転職すると損害保険の資格はどうなる?

損保事務から小売業の経理事務へ転職

損害保険会社に転職したい。おすすめの部署は?

NO IMAGE

損害保険会社の仕事とは?本社の業務と代理店業務の違って何?

損害保険会社から転職をする時の職務経歴書の書き方のポイントと成功例