転職の仕方ガイド⑤職務経歴書の書き方

職務経歴書とは?

新卒の就活には必要ないけれども、転職者に必要なもの、それは「職務経歴書」です。

履歴書は学歴や職歴が応募先の企業と適しているかや通勤可能な距離かなどを見るものですが、職務経歴書は「応募先企業が求める実務能力があるか」を見るものになります。

職務経歴書はどのように書けばいい?

履歴書は手書きの提出を求められるところもありますが、職務経歴書は基本的にWordやExcellなどを使ってPCで作成します。

ここで自分が過去にどのような実績を出したのかなどをアピールします。

アピールすると言ってもただ自分の実績を何でも書けばいいというものではなく、応募先の企業が求めていそうな実績を書くようにします。

例えば営業から一般事務に転職をしたい場合、自分が過去一生懸命仕事に取り組んできた事をアピールするために営業の売上や部署で何位になったかといった事を書く事は重要です。

ですが、それだけではなく一般事務で必要な「PCを使った文書作成能力」や「正確さ」、「部署内での協調性」といった事も合わせてアピールした方が説得力が増しますし、「相手の求めるものに合わせた説明ができるんだな、プレゼン能力があるな」と思ってもらう事ができます。

また、ただ経歴を羅列するだけでは興味を持ってもらう事はできませんし、相手に読んでもらう視点の書けている自己中心的な人と思われる可能性もあります。

ですので年表形式にしたり箇条書きにしたりして読みやすくする工夫が必要です。

面接では必ず履歴書と職務経歴書を見ながら面接が進みますので、きちんと自分で書いた内容を把握しておく事も必要です。

 

 

職務経歴書も添削してくれるのが転職エージェント

金融業界からの転職を考えている方は、主に「無茶振りをしてくる上司に疲れた」と思っていたり、「人間関係に疲れた」、「もう金融営業からは足を洗いたい」、「次も安定して働きたい」という考えをお持ちだと思います。

今は厳しい状況に耐えているからこそ、次はそんな事がないように転職を成功させたいですよね。

だからこそ職務経歴書はとても重要です。
職務経歴書の書き方によって合否が決まると言っても過言ではありません。

実際、管理人の友人で、20年以上人事で働いている女性から、
「職務経歴書の書き方が全てだ」という話を聞きました。

ですが自分だけで書いているとどうでしょう?
「銀行で働いていた」という信頼性といった人間的なスキルは容易に書けそうですが、
金融の仕事は独自のシステムを使うので特にPCスキルは使わないし、
金融資格はその他の業界では通用しないので、
「世間的に通用できてアピールできる資格やスキルって何?」と思いますよね。

そういう時には転職のプロから指導を受けるのが一番です。
私はDODAのエージェントの方による職務経歴書の添削を受けましたが、
「どういう経験や強みがあるのか、また自分の経験のどの情報は書くべきで、どこは捨てるべきか、どうしたら採用担当者の目に止まるのか」という事を教えてもらえました。

また、どんなフォーマットが良いのかというのも教えて頂けたので、一から自分で全て自分で用意する必要がありませんでした。
やっぱり悶々と悩んで時間を費やすよりは、早くプロに聞いた方が早いです。

それ以外にもエージェントを通した方が、残業の実態や週休何日なのかという事を聞けたり、キャリアカウンセラーの国家資格を持っているエージェントからキャリア相談を受けられたりというメリットもあります。

登録に出向くのは面倒だし交通費もかかりましたが、受けてみて本当に良かったです。
やっぱり自分の頭の中だけで考えていても限界がありますし、
人と話をする中で自分の頭の中も整理することができました。

このサービスを受けるためには、まずDODAのエージェントサービスへの登録が必要です。登録自体はとても簡単で、数分で終わります。

まずは、DODA公式サイトのページに行きます。

続いて「エージェントサービスに申し込む(無料)」を押して
自分の情報を入力します。
この段階では詳細な職歴などの入力は不要です。
DODAのエージェントの方との面談の中でヒアリングがありますので、
その時に伝えても大丈夫です。

また、DODAでは転職のプロが応募前から内定後までトータルでサポートしてくれます。特に初めての転職でネックとなりやすい『履歴書』『経歴書』の作成サポートだけでなく、「面接でどんな質問が予想されるか?」と言った情報も教えて頂けました。

ですので自信を持って選考に臨めましたし、決まるのも最短で1週間、長くて1ヶ月〜1ヶ月半と早かったです。

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

転職ガイド⑦面接対策

dodaのサービスを使用してみての体験談

転職の仕方ガイド③エントリー(応募)する

転職の仕方ガイド④履歴書の書き方

転職の仕方ガイド①自分の希望条件を考える

転職の仕方ガイド②希望の会社をリサーチする