銀行から転職をする時の職務経歴書の書き方のポイントと成功例

一度社会人になってから転職をする場合、必ず「職務経歴書」が必要になってきます。

これは履歴書のように決まったフォーマットはなく、手書きではなくプリントアウトで可という企業がほとんどです。

では、銀行から転職をする時には、どのように職務経歴書を書けば先方企業に好印象を持ってもらえるのでしょうか?

銀行から転職をされた方に伺いました。

職務経歴書はどのように書いたらいい?

多くの企業では、応募の際の提出書類として職務経歴書と履歴書の提出を求められます。

私は転職活動を始めたばかりの頃は、同じような内容を2枚も出すのはなぜだろうと思っていましたが、このふたつはそれぞれ役割が違うことがわかってきました。

職務経歴書は、その人がどんな仕事を経験してきたかが詳しく書かれており、面接も職務経歴書に沿って進められることが多く、合否を決める重要なものです。

一方履歴書…は、学歴、職歴のほか、生年月日や住所、通勤経路、扶養家族などの個人情報が書かれていて、履歴書の内容だけで合否が決まることは少ないはずです。

職務経歴書の書き方は、在籍したことのある企業、担当職務、職務内容、資格、スキル、などを箇条書きではなく自分の言葉でまとめていきます。

私は新卒で入行した銀行を1年で退職しましたので、自己PRにつながるほどのたくさんの職歴、職務、経験がありませんでした。

しかし小さな仕事でも大げさなくらいに書いてみたりしました。

銀行で取得した資格は一般企業ではあまり役に立たないものばかりでしたが、勉強してこれだけ取得した姿勢を見てもらいたかったので、職務経歴書には資格も全て書いてみました。

与えられた仕事に対して一生懸命取り組んでいた、その結果社会人としての最低限のマナーや常識はあるので即戦力として働きたいという姿勢をアピールすることにしました。

 

職務経歴書を書く時のポイント

職務経歴書は決まったフォーマットがなく、自由に作成できる場合が多いです。

職務経歴書に入れたい主な項目は、現在の在籍企業、これまでの在籍企業、職務経歴、職務内容、資格、スキル、志望動機などです。

これらのものをだらだらと書くと、相手が読みづらく最後まで読んでもらえないかもしれないので、うまく箇条書きや表を取り入れて視覚的に見やすくすることがポイントです。

だからといって箇条書きだけでまとめるのではなく、自分の言葉で文章にして書かなければなりません。

私は、それぞれの項目に何が書かれているのかすぐにわかる見出しをつけました。

見出しに興味を持ってくれればそのまま文章を読んでもらえるのではないかと思いました。

ですので、オリジナルで見やすい職務経歴書で仕事ができることをイメージしてもらうことが大切です。

転職でうまくいった職務経歴書の例は?

私が転職活動で採用された企業に出した職務経歴書はパソコンで作成しました。

「字は下手でも丁寧に書くことが大切」とは言っても、自分の字に自信がなかったからです。

一度書き始めると、あれもこれもとなってつい長くなってしまうのですが、読む人のことを考えて簡単にまとめることを心がけました。

伝えたいこと、知ってほしいことの100%を書くのではなくて90%くらいにとどめておきます。

するとその先の面接で興味を持って残りの10%を聞いてくれて、話がはずんだりすることもありました。

職務経歴書のそれぞれの項目に見出しをつけたのですが、見出しも文章より文字を大きくしたり目にとめてもらう工夫をしました。

資格の欄では表を用いたりして、後から聞いた話ではあるのですが、「この職務経歴書をパソコンで作れるということは、仕事でも難なくパソコンを使いこなしてくれるだろう」というふうに思ってもらえたそうです。

なのでパソコンでわかりやすいものを作成するというやり方は成功だったと思います。

 

銀行から転職をする時の職務経歴書の書き方のポイントと成功例 まとめ

銀行からの転職において職務経歴書を作成する場合、銀行でどのような職務を担当し何を学んだのかを書きましょう。

同じ業界への転職であれば、成果をあげたことについての具体的な数字を入れてもいいかもしれません。

応募する企業がどんな人材を求めているのかを見極め、それに自分のPRできることをつなげていくと書きやすいです。

銀行在籍中に取得した資格が活かせる職種であれば、そのための努力なども書けば評価してもらえるかもしれません。

そんなことを交えながら、一目見て読みやすい、読むのが嫌にならない職務経歴書を書くとよいでしょう。

 

職務経歴書も添削してくれるのが転職エージェント

銀行からの転職を考えている方は、主に「銀行の人間関係に疲れた」と思っていたり、「もう金融営業からは足を洗いたい」、「次も安定して働きたい」という考えをお持ちだと思います。

今は厳しい状況に耐えているからこそ、次はそんな事がないように転職を成功させたいですよね。

だからこそ職務経歴書はとても重要です。
職務経歴書の書き方によって合否が決まると言っても過言ではありません。

実際、管理人の友人で、20年以上人事で働いている女性から、
「職務経歴書の書き方が全てだ」という話を聞きました。

ですが自分だけで書いているとどうでしょう?
「銀行で働いていた」という信頼性といった人間的なスキルは容易に書けそうですが、
金融の仕事は独自のシステムを使うので特にPCスキルは使わないし、
金融資格はその他の業界では通用しないので、
「世間的に通用できてアピールできる資格やスキルって何?」と思いますよね。

そういう時には転職のプロから指導を受けるのが一番です。
私はDODAのエージェントの方による職務経歴書の添削を受けましたが、
「どういう経験や強みがあるのか、また自分の経験のどの情報は書くべきで、どこは捨てるべきか、どうしたら採用担当者の目に止まるのか」という事を教えてもらえました。

また、どんなフォーマットが良いのかというのも教えて頂けたので、一から自分で全て自分で用意する必要がありませんでした。
やっぱり悶々と悩んで時間を費やすよりは、早くプロに聞いた方が早いです。

それ以外にもエージェントを通した方が、残業の実態や週休何日なのかという事を聞けたり、キャリアカウンセラーの国家資格を持っているエージェントからキャリア相談を受けられたりというメリットもあります。

登録に出向くのは面倒だし交通費もかかりましたが、受けてみて本当に良かったです。
やっぱり自分の頭の中だけで考えていても限界がありますし、
人と話をする中で自分の頭の中も整理することができました。

このサービスを受けるためには、まずDODAのエージェントサービスへの登録が必要です。登録自体はとても簡単で、数分で終わります。

まずは、DODA公式サイトのページに行きます。

続いて「エージェントサービスに申し込む(無料)」を押して
自分の情報を入力します。
この段階では詳細な職歴などの入力は不要です。
DODAのエージェントの方との面談の中でヒアリングがありますので、
その時に伝えても大丈夫です。

また、DODAでは転職のプロが応募前から内定後までトータルでサポートしてくれます。特に初めての転職でネックとなりやすい『履歴書』『経歴書』の作成サポートだけでなく、「面接でどんな質問が予想されるか?」と言った情報も教えて頂けました。

ですので自信を持って選考に臨めましたし、決まるのも最短で1週間、長くて1ヶ月〜1ヶ月半と早かったです。

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

30歳半ばで銀行員からフリーランスの英語翻訳家に転身

未経験で銀行に転職できる?

【体験談】銀行員。独身者への産休、育休制度のしわ寄せから退職を決意

銀行員から医療事務に転職するには?

銀行員に転職した場合、株式やFXは禁止になる?

【体験談】過不足金発生で信頼関係が台無しに