転職の仕方ガイド③エントリー(応募)する

さて、実際に希望の会社を見つけたら求人案件にエントリー(応募)します。

これは転職サイトから自分でエントリーする方法と転職エージェントから送られてきた案件に「応募するかしないか」を返答する方法と2種類あります。

 

何社エントリーすればいいの?正社員案件の場合

では、実際には何社エントリーすればいいのでしょうか?

書類選考で落ちることを考えると、2、3社では全然足りません。

正社員案件の場合は、エージェントから送られてくる自分に合ったオススメ案件で最低5件くらいはエントリーが必要です。

転職エージェントの場合は、メールでたくさん自分に合った求人案件を送ってもらえますので、条件や待遇を見て「これなら頑張れそうだな」と思ったものにエントリーして行けば大丈夫です。

また、「年間休日が少ない」といった気になる点があった場合にも、エージェントに質問して実態を聞く事ができます。

 

転職サイトの場合、そもそも自分に合っている案件かどうかが分からないので、書類選考で落とされる確率は高くなります。

なのでもっとたくさんエントリーする必要があり、10社くらいはエントリーした方が良いでしょう。

 

何社エントリーすればいいの?派遣社員案件の場合

派遣の求人では、「勤務開始日が1ヶ月延びる」とか「先方の都合でこの求人自体が消えた」とかいう事もあります。

実際に管理人はそういう事が続いた事があり、なかなか決まらない・・・といった困った事態になりました。

また、派遣会社やその時の状況によっては派遣会社内の選考の結果連絡が2週間経っても来ない・・・という事もありました。

さらに年齢が上がるに連れて、派遣会社内の選考に通りにくくなります。

なので派遣の場合は最低20社くらいはエントリーする事をおすすめします。

 

働きやすい企業が見つかる選ばれている転職エージェント

DODAは非公開求人だけで『130,000件超』と求人件数が豊富。

登録は数分で終わり、「求人検索、転職サポート、DODA転職フェア、個別相談会、年収査定、転職人気企業ランキング上位300社の合格診断」などが全て無料で利用できます。

また、DODAでは転職のプロが応募前から内定後までトータルでサポートしてくれます。特に初めての転職でネックとなりやすい『履歴書』『経歴書』の作成サポートだけでなく、推薦状も書いてもらえます。

ですので自信を持って選考に臨めるる上、上手く希望の企業の内定獲得に繋がります。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

転職ガイド⑦面接対策

転職の仕方ガイド②希望の会社をリサーチする

転職の仕方ガイド⑤職務経歴書の書き方

転職の仕方ガイド⑥志望動機の書き方

dodaのサービスを使用してみての体験談

転職の仕方ガイド①自分の希望条件を考える