転職の仕方ガイド①自分の希望条件を考える

転職をする時は、今ある悩みを解決しようと思うか、あるいはキャリアアップから転職を考えるかと思います。

そこでまずやるべき事は何かというと、今の状況を改善するための希望条件を考える事です。

それではどのように行ったら良いのでしょうか?

自分の希望条件を出すには?

まずは「自分の理想」と「やりたくない事」の両方を徹底的に書き出して行きます。

自分の理想であれば、「家から近くて人間関係が良くて土日休み、残業がほとんどない会社に入社してプライベートを充実させたい!」など出てくると思います。

逆にやりたくない事に関しては、これまでの仕事を振り返って嫌だった事などを挙げて行けば書きやすいです。

他にも女性が多い職場であれば、個人の感情に対してきめ細かく対応してくれたりしますし、逆に男性の多い職場であれば理不尽な事も結構多いですが仕事にスピード感はありますので、どんな環境で働きたいのかというのも出してみましょう。

家の近くがいいのか、上品な人たちが集まる都会がいいのか、緑の多い場所がいいのか、など色々書いてみましょう。

実際に可能かどうかはあまり考えずに色々心の中で思う事を出していくのが大切です。

それを書いていくうちに、「実はこの条件は自分にとってあまり重要ではなかった」とか「なぜ私はこの条件が大事なのか」とか、今まで意識していなかった事が分かる時もあります。

なかなか決められない時は?

なかなか決められない場合は、人に相談してみるとはっきりしてきます。なぜなら自分一人で考えるよりも人に話す方が思考が整理されるからです。
特に女性の場合はその傾向が強いです。

そんな時に役立つのが転職エージェントです。

転職エージェントの方は、普段どのタイプの人がどんな仕事を希望していて、実際にどこに就職しやすいのかを熟知しています。

しかも転職エージェントの仕事は入社までの手続きで終わりではなく、その後のアフターフォローまでが仕事です。

エージェントにもよりますが、入社後1ヶ月後、3ヶ月後のフォロー面談を行う所も多いので、どんなタイプの人がその会社への定着率が良いのかも知っています。

 

自分の希望を相談できる転職エージェント

金融業界は世間的なイメージがとても良く、また長く働ける安定度の高い職業として人気があります。
だからこそ目指したい!と言う気持ちはとても良く分かります。

でも、「本当に自分がこの業界・職種を目指せるの?」という不安も湧いてきますよね。

そんな時に管理人は主に「DODA」というエージェントを使用しました。

転職エージェントの方は、「どの仕事を経験しているとどの職種に行ける」というパターンを把握していますし、自分が思ってもみなかった案件を紹介してもらえる事も多いです。

登録に出向くのは面倒だし交通費もかかりましたが、受けてみて本当に良かったです。
やっぱり自分の頭の中だけで考えていても限界がありますし、人と話をする中で自分の頭の中も整理することができました。

このサービスを受けるためには、まずDODAのエージェントサービスへの登録が必要です。登録自体はとても簡単で、数分で終わります。

まずは、DODA公式サイトのページに行きます。

続いて「エージェントサービスに申し込む(無料)」
を押して自分の情報を入力します。
この段階では詳細な職歴などの入力は不要です。
DODAのエージェントの方との面談の中でヒアリングがありますので、
その時に伝えても大丈夫です。

また、DODAでは転職のプロが応募前から内定後までトータルでサポートしてくれます。特に初めての転職でネックとなりやすい『履歴書』『経歴書』の作成サポートだけでなく、「面接でどんな質問が予想されるか?」と言った情報も教えて頂けました。

ですので自信を持って選考に臨めましたし、決まるのも最短で1週間、長くて1ヶ月〜1ヶ月半と早かったです。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

dodaのサービスを使用してみての体験談

転職の仕方ガイド④履歴書の書き方

転職の仕方ガイド②希望の会社をリサーチする

転職ガイド⑦面接対策

転職の仕方ガイド⑤職務経歴書の書き方

転職の仕方ガイド⑥志望動機の書き方