損保代理店で独立した場合の年収は?

損害保険代理店として独立を目指す場合、まずは保険会社の研修生制度を利用するのが一般的です。

研修生制度とは、損害保険会社に研修生として入社し、そこで実務をこなしながら独立を目指す制度です。

収入は一般的に固定給と歩合給で構成されています。

<損害保険の研修生の収入は?>

まだお客様のいない入社当初は歩合給がなく固定給が高く設定されていますが、社歴が増えると獲得した契約が増えて行きます。

契約が増えれば歩合給が増えていくことが予想されているため、固定給は減少していきます。

研修生の収入例:

入社からの月数      固定給の金額

1ヶ月目〜6ヶ月目    月30万円

7ヶ月目〜12ヶ月目   月25万円

13ヶ月目〜18ヶ月目  月20万円

19ヶ月目〜24ヶ月目  月15万円

25ヶ月目〜30ヶ月目  月10万円

31ヶ月目〜36ヶ月目  月5万円

※固定給の金額は保険会社により異なり、また扶養家族の有無によっても異なります。

 

歩合給は代理店の手数料と同じ計算方法になります。

・歩合給=保険料×手数料率×係数

研修生の場合は、上記の通り何らかの係数を掛けます。

代理店になると、「代理店ポイント」を掛け算します。

また、係数の値は保険会社により異なり、50〜100といった幅があります。

なかなか契約の取れない厳しい世界ですので、研修生の月収は固定給+αくらいの金額が一般的ではないでしょうか。

もちろん、大口の契約が取れた月は歩合給が多くもらえますし、コンスタントに契約の取れる優秀な研修生であれば、当初の固定給30万円のラインはキープできると思います。

 

<独立した場合の年収は?>

研修を経て実際に独立した場合ですが、個人契約のみからの収入であれば年収は400万、500万円ほどとなります。

できるだけ楽に損保だけで400万に行きたければ、「事故」が少ない商品をできるだけ多く、高く(保険料)売ることが近道になります。

そうなると、火災・地震の契約をたくさん取るのが一番ですが、しかし、火災・地震は新規でコンスタントに毎月手数料を確保することが難しい商品です。

また、自動車と傷害保険は手数料が低く、保険会社にもよりますが5%~10%程度です。

低いのに、事故が多い商品なので、事故対応に経費がたくさんかかり、そうなると手元に残る売上金額が減少します。

 

また、損保のみで年収400万になるには年間の保険料合計が3000万円程度必要になります。

もしこれを1台6~7万の単価で自動車保険のみで集める場合、4~500台の契約が必要です。

これではとても難しいので、火災保険や賠償責任保険、生命保険も合わせて販売をして行く代理店がほとんどです。

お客様の人生に合わせてトータル的に様々な保障を提案していけば、年収400万円のハードルはクリアできます。

 

◆損保代理店での独立に魅力を感じたら?
保険代理店での独立、自分の力で仕事をして行きたい人にとってはとても魅力的だと思います。

スカウトする人もとても人当たりがよく、また「あなたならきっとできる」とパワーの出る言葉を言ってくれて、「自分にもできるのではないか」という気持ちにさせてくれるでしょう。
年収1000万の夢も叶いそうな気分になります。

でも、一度考えてみてください。
保険は見えない商品です。
人脈作りも会社はやってくれないので、全て自力で行います。
会社によっては辞めようと思って逃げてもマネージャーが追いかけてくる、という所もあります。
会社で働いてみないと分からない事も多いですが、入ってからでは遅いのです。

冷静に転職市場を見つめて転職を成功させるには、
一度転職エージェントの視点を借りるのが良いでしょう。

転職エージェントには転職者の年代を限っている所もありますが、特に転職者の年代限らず相談に乗ってくれるのがDODAです。

転職エージェントは日々転職市場の動向を見ているプロです。
自分一人で転職活動をするよりは、早くプロの手を借りた方が良いです。
彼らは残業時間の実態なども把握しています。

また、DODAは損害保険関連の公開求人だけで1640件(2018年現在)ありますし、
表に出てきていない非公開求人もあります。
損害保険以外の業種にも範囲を広げると、全部で13万件近くあります。

どれが自分に合っているのか探すのはものすごく大変です。
これだけ転職できる可能性がありますが、どれを見たら良いのか絞って行くのが大変です。
だからこそエージェントの方のサポートがとてもありがたいのです。

このサービスを受けるためには、まずDODAのエージェントサービスへの登録が必要です。登録自体はとても簡単で、数分で終わります。

まずは、DODA公式サイトのページに行きます。
(下記のボタンから公式サイトへ飛ぶことができます)
DODA公式サイト

次にメニューバーの左から2つ目、「エージェントサービス」のタブを押します。

続いて、オレンジの部分の「エージェントサービスに申し込む(無料)」
を押して自分の情報を入力します。
この段階では詳細な職歴などの入力は不要です。
DODAのエージェントの方との面談の中でヒアリングがありますので、
その時に伝えても大丈夫です。

また、DODAでは転職のプロが応募前から内定後までトータルでサポートしてくれます。
私がDODAを使った時は、特に初めての転職でネックとなりやすい『履歴書』『経歴書』の作成サポートだけでなく、「面接でどんな質問が予想されるか?」と言った情報も教えて頂けました。

DODA公式サイトはこちら

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

損害保険会社から転職をする時の志望動機のポイントは?

損保代理店営業の年収は?

未経験でも損害保険会社に転職できる?

NO IMAGE

損害保険会社に転職して正社員になる道とは?

損害保険会社に転職したい。おすすめの部署は?

損害保険の営業への転職は?給料や休日はどうなの?