損害保険会社から転職をする時の履歴書の書き方のポイントと成功例

履歴書を書く時に大切な事は?

会社に就職する際、履歴書の選考が通ってから、二次審査で面接という順番で内定をもらう就職先が多いかと思います。

面接までこぎつければ、顔や話し方で好印象を与えることはできますが、履歴書の紙切れ1枚から自分の長所や好印象を与えようと思うと、なかなか難しいものがあります。

その状況で、履歴書に書けるような資格を取得しているというのは、とても強みになります。

もちろん、難易度の高い国家資格などを持っていると、履歴書に目を通してもらったときに目に留まるので有利です。

取得している資格に関しては、その資格が今後の仕事に使えるものかというのもある程度大事ですが、1番大切なのは、その資格を頑張って取得したということに意味があります。

難易度の高い資格を取得しているということは、取得するまでの努力も認められることになるので、「この人は努力家なんだ」という第一印象を履歴書から与えることができます。

ですので、転職先と関係のない資格だったとしても、難易度の高い資格を持っているということはかなりポイントが高いので大切なことです。

 

履歴書を書く時のポイント

履歴書というのは、ほぼフォーマットは同じなので、誰が書いても内容というのは大幅に違いはありません。

どの項目で自分だけ印象を強く与えることができるかというと、「資格」と「志望動機」です。

資格については、前述した通り難易度の高い資格を取得していれば、一目置かれます。

志望動機はどう書けば良いのかというと、ただ単に「~が好きだから志望しました」「この仕事に興味があったので」といった書き方では、いかにも普通すぎます。

もちろん志望した理由は必要ですが、その中に「○○がしたい」「この仕事を通してこうなりたい」といった前向きでやる気のある理由を盛り込んでおくことが、大事なポイントになります。

損保会社は、特殊な職種になるので、その職種に従事していたという他者ではあまり書けない経験をしたという強みがあります。

同業界へ転職する場合は、その経験から得た知識を使って、いかに業績アップにつなげることができるかが大事になってきます。

志望動機に、そのアピールができていれば、経験者ということもあり履歴書の段階でもかなり有利になってきます。

全く違う職種に転職する場合、損保会社で培ったコミュニケーションスキルや豊富な知識などを、転職先でいかに生かすことができるかが明記されていれば、一目置かれる履歴書になることと思います。

転職でうまくいった履歴書の例は?

私は、損保会社に勤めていましたが、退職し全く異なる業種(経理事務+接客業)の会社に転職しました。

その時の履歴書には、特に志望動機に力を入れて書きました。自己アピールを併せるような書き方をして転職先の方に印象づけようと考えました。

損保会社では、クレームの電話などは頻繁にありますので、その対応をいかに冷静にできるかが大切でした。

ピンチの時に、いかに冷静に対応できるかは、もともとの性格もある程度はあるかもしれませんが、経験で培われていく部分が多いかと思います。その臨機応変にできる対応能力を接客に生かすことができるといった内容を記載しました。

また、保険業界はお金が絡む仕事です。

契約や説明をするときに間違った説明をしてはいけません。

誤った計算をして万が一相手に伝えてしまった場合、「ごめんなさい」では済まないケースが出てくるのが保険業界です。

そのため、数字や計算に強くもなりますし、手続きや処理を実行する際にとても慎重になります。

ミスが許されないため、ミスのない仕事を常に心掛けていましたので、そういった仕事に向かう姿勢を経理事務に生かしていきたいといった内容も盛り込みました。

その結果、見事書類審査も通過し、面接でも履歴書に書いた内容に少し付け加えるような形で受け答えするだけで内定をいただくことができました。

損保会社に勤務していたときの同僚は、とても多くの資格を取得していたので、履歴書の第一次審査を通過したあと、面接のときに資格について聞かれたそうです。

その時の面接官の話しですと、資格欄が多く埋まっていたので目に留まったということでした。

その転職先で生かせる資格ではなかったようですが、履歴書の段階で一目置かれる内容だったようで、好印象を与えたまま面接することができたので、とてもいい雰囲気だったということでした。

損害保険会社から転職をする時の履歴書の書き方のポイントと成功例 まとめ

仕事をしながら資格を取得していくことは大変ですが、現役でないと取得しにくい資格も存在します。

転職を考えている場合は、現役のときに取得できる資格を勉強しておくのも一つの手だと思います。

履歴書では、筆跡や漢字の使い方、文章の構成などでその人の人物像が意外とわかってしまうものです。

面接で自分のアピールすれば良いというわけではなく、まずは履歴書から自分がどういう人間かを伝えていくことが大切になります。

 

◆履歴書も添削してくれるのが転職エージェント

履歴書では資格欄と自己PR欄がとても重要です。
ですが自分だけで書いているとどうでしょう?
客観的な判断ができず、ライバルが多くて埋もれてしまうような事をアピールしたり、逆にアピールすべき所に気づかずアピール不足になってしまうという事態が良くあります。

そういう時には転職のプロから指導を受けるのが一番です。
私はDODAのエージェントの方による職務経歴書の添削を受けました。
どんなフォーマットが良いのかというのも教えて頂けたので、一から自分で全て自分で用意する必要がありませんでした。
やっぱり悶々と悩んで時間を費やすよりは、早くプロに聞いた方が早いです。

それ以外にもエージェントを通した方が、残業の実態や週休何日なのかという事を聞けたり、キャリアカウンセラーの国家資格を持っているエージェントからキャリア相談を受けられたりというメリットもあります。

登録に出向くのは面倒だし交通費もかかりましたが、受けてみて本当に良かったです。
やっぱり自分の頭の中だけで考えていても限界がありますし、
人と話をする中で自分の頭の中も整理することができました。

このサービスを受けるためには、まずDODAのエージェントサービスへの登録が必要です。登録自体はとても簡単で、数分で終わります。

まずは、DODA公式サイトのページに行きます。
(下記のボタンから公式サイトへ飛ぶことができます)
DODA公式サイト

 

すると、次のような場面が表示されます。
このページで職務経歴書の書式や体裁の書き方の概要について知る事ができます。

続いて、右横か一番下にあるオレンジのボタン、
「エージェントサービスに申し込む(無料)」を押して自分の情報を入力します。
この段階では詳細な職歴などの入力は不要です。
DODAのエージェントの方との面談の中でヒアリングがありますので、
その時に伝えても大丈夫です。

また、DODAでは転職のプロが応募前から内定後までトータルでサポートしてくれます。特に初めての転職でネックとなりやすい『履歴書』『経歴書』の作成サポートだけでなく、「面接でどんな質問が予想されるか?」と言った情報も教えて頂けました。

ですので自信を持って選考に臨めましたし、決まるのも最短で1週間、長くて1ヶ月〜1ヶ月半と早かったです。

DODA公式サイトはこちら

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

損害保険会社の査定部門事務は怒鳴るお客様のクッション役。

損害保険会社から転職をする時の自己PRのポイントと成功例

損害保険会社から転職をする時の職務経歴書の書き方のポイントと成功例

【体験談】脅しと罵声で損保事務の仕事がイヤに。

損害保険の代理店で独立するには?

損害保険の事務職は毎日怒鳴られてイヤ!! 転職するには?