30歳半ばで銀行員からフリーランスの英語翻訳家に転身

Fさんは現在38歳、銀行で正社員(窓口・営業)の仕事をされていましたが、約4年前にフリーランスの英語翻訳家となりました。

 どうして銀行員を目指したのですか?

私はもともと英語を使った仕事に憧れをもっており、大学時代には英語を使った職種を中心に就職活動を行っていました。

銀行業、ひいては金融業界にとりわけ興味があったわけではありませんでしたが、自分のもっている専門知識を何らかの形で活かしたい、という思いと、顧客と接する中で自己成長したいという思いが銀行業にマッチしたため、銀行への就職を決めました。

なぜ銀行員からフリーランスになろうと思ったのですか?

就職してからしばらくは、私の思っていた以上に自己成長ややりがいを感じた日々を送ってきましたが、5年を過ぎた頃から徐々に職務に対するしんどさを感じるようになりました。

銀行の統合、合併など統廃合に関する事務負担が増えた他、産休、育休を取る行員のしわ寄せが生じるようになったのです。

もちろん、産休や育休制度は企業のれっきとした待遇ですし、仕事と育児を両立するという考え方には賛成しますし、発展的だと思います。

喜ばしいことだとは思いますが、基本的に産休、育休を取る人の代わりが補充されることはありません。

つまり、人員的には減ったまま仕事量は変わらないため、次第に1人あたりの仕事量が増え、負担がかさむのを感じるようになりました。

そんなある日、ふと自分が英語に関する仕事をしたいと思っていたことを思い出し、「やるなら今」とばかりに転職を決意しました。

 フリーランスになるに当たって、どんな不安がありましたか?

やはり金銭面での不安はありました。私はもともと転職先として「企業に再就職する」こと以外に「フリーランスとして独立する」ことも視野にいれていたので、果たしてそれが可能かどうか、また、ある程度のクライアントをきちんと確保して生活が安定するまでにどれくらいかかるのかがまったくわからなかったことが不安でした。

そのため、まとまった金額の生活資金をきっちりと準備した上で退職し、そこから転職活動をする必要があると考えていました。

どれくらいで独立できましたか?

約1年で独立しました。

苦労、というほどのことではないかもしれませんが、仕事にするだけの高度な英語力を身につけるための勉強をしながら、人脈づくりをしていたことでしょうか。

自分のしていることがすべて将来実をつけるはず、と自分に言い聞かせて活動していましたが、時間管理等を含め、大変だと感じていました。

また、仕事関連の人との新たな出会いから、実際に仕事をもらえるようになるまでの「時間待ち」も、手持ちぶさただなと感じることがありました。

今となっては、人と人との出会いに無駄なものはないし、信頼関係は一朝一夕には築けないというのはわかるのですが、当時は、早く仕事がほしいという焦りから、「仕事はいつもらえますか?」という言葉を飲み込むのに必死でした。

 銀行員からフリーランスとして独立して良くなったことは何ですか?

銀行員から実際にフリーランスとして独立し、以前と比べて良くなった点はたくさんあります。

まず、自分の好きなことで食べていけているという自負があります。

もちろん、自分が望んだ仕事ばかりがくるわけではありませんをし、仕事上の悩みがゼロになったわけではありませんが、自分の好きなことで生活が成り立つというのはやはり嬉しいし、ちょっぴり誇りを感じるものです。

かつて、銀行員時代には、朝起きるのがイヤな日、仕事に行きたくない日もありました。

また、土日が待ち遠しくてたまらないということもありましたが、今は、たとえ大変な仕事を請けたとしても、そのようなことはありません。

むしろ、どんな工夫をして乗り切ろうか、と前向きに考えられるようになりましたし、忙しい時に休日を返上して仕事をすることになっても、あまり苦になりません。

また、とても健康的な体になりました。

銀行の店舗に勤めていた時、エアコンが効きすぎていたことから、肌は乾燥がひどく、また、夏でも長袖のブラウスにニット系のカーディガンを着て、さらに膝掛けまでして仕事をしていました。

慢性的かつ極度な冷え性でしたし、風邪もしょっちゅうひいていました。

汗をかかないことが悩みでしたが、今ではすっかり体質も改善されています。

ひどい肩こり、便秘も解消され、食欲も旺盛になり、意外なことに偏食もなくなり、何でも食べれるようになりました。

 銀行員から転職して後悔したことはありますか?

転職にあたって、特に後悔した点はないです。自分のスペックでここまで稼げるので、今後も続けていきたいと考えているのですが、しいて悪くなった点をあげるとするならば、やはり、給与面では銀行員時代にはかないません。

また、ボーナスがない点も大きいです。

ただ、今は、自分ができる範囲で仕事を請けているので、無理をすれば給与額は改善されると思います。

今の報酬額に特に不満はないので、いずれ報酬額を増やしたい、事業を拡大したいと思うようになった時に、新たな施策を考えたいと思っています。

 

また、転職先がフリーランスならでは、という感じではあるのですが、月々の収入が安定しないという点です。

繁忙期には大きく稼げるのですが、閑散期にはどうしても少額になってしまいます。

収入に波があるため、たとえ大きく稼いだからと言って無駄遣いは御法度。

仕事上の必要経費を確保しつつ、ストレスがたまらない程度に自分へのご褒美も与えつつ、ある程度自制心をもって貯蓄や節約をする、というバランス感覚が必要だなと感じています。

あとは、健康管理です。

銀行員時代には、体調不良でも有給でカバーできましたが、フリーランスの場合はそれができません。

自分の体だけが資本なので、定期的なメンテナンスは欠かさず行って自己管理することが必要だと痛感しています。

 

◆自分の希望を相談できる転職エージェント

どんな業界でも、初めての事にチャレンジするのはワクワクする反面、不安も付きまといます。「本当に未経験から目指せるの?」という不安も湧いてきますよね。

そんな時に相談に乗って頂けるのが転職エージェントです。
管理人は主に「DODA」というエージェントを使用しました。

転職エージェントの方は、「どの仕事を経験しているとどの職種に行ける」というパターンを把握していますし、自分が思ってもみなかった案件を紹介してもらえる事も多いです。

登録に出向くのは面倒だし交通費もかかりましたが、受けてみて本当に良かったです。
やっぱり自分の頭の中だけで考えていても限界がありますし、
人と話をする中で自分の頭の中も整理することができました。

このサービスを受けるためには、まずDODAのエージェントサービスへの登録が必要です。登録自体はとても簡単で、数分で終わります。

まずは、DODA公式サイトのページに行きます。
(下記のボタンから公式サイトへ飛ぶことができます)
DODA公式サイト

すると、次のような画像が表示されます。

続いて、オレンジの部分の「エージェントサービスに申し込む(無料)」
を押して自分の情報を入力します。
この段階では詳細な職歴などの入力は不要です。
DODAのエージェントの方との面談の中でヒアリングがありますので、
その時に伝えても大丈夫です。

また、DODAでは転職のプロが応募前から内定後までトータルでサポートしてくれます。特に初めての転職でネックとなりやすい『履歴書』『経歴書』の作成サポートだけでなく、「面接でどんな質問が予想されるか?」と言った情報も教えて頂けました。

ですので自信を持って選考に臨めましたし、決まるのも最短で1週間、長くて1ヶ月〜1ヶ月半と早かったです。

DODA公式サイトはこちら

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

銀行員から医療事務に転職するには?

銀行員が転職する時に有利な資格とは?

銀行員の1日とは?

【体験談】銀行員。独身者への産休、育休制度のしわ寄せから退職を決意

【体験談】銀行は支店評価がキツい。

銀行から転職をする時の履歴書の書き方のポイントと成功例