証券会社から転職をする時の履歴書の書き方のポイントと成功例

文字は丁寧に、内容は簡潔かつ見やすく箇条書きでまとめる。一番アピールしたいポイントを絞り、わかりやすくまとめましょう。

採用側の印象付けにつながります。

履歴書を書く時に大切な事は?

転職先の業界によって異なりますが、同じ金融業界であれば、何の資格を保有していて、どのような成績を残したか、問題に直面したときどのように解決したかをアピールすることが非常に重要です。

金融業界は資格を保有していなければ仕事にならないので、証券外務員などの最低限の資格の記載は必要です。

また、金融の場合、営業としてどんな成績を残してくれるか、どのように頑張ってくれるかを重点的にみられる傾向があります。

そのため、前職で収めた成績・経験を細かく記載することが有利に働くはずです。

しかしながら履歴書は職務経歴書より文字数が限られます。

私は自由表記欄に箇条書きでアピールポイントを記載しました。

金融業界以外への転職の際は、資格や成績アピールよりも、どのような信念を持ちどのように努力してきたか、問題に直面した際にどのように対処してきたかなどの行動、考え方のアピールの方が必要になってきます。

実際に金融へ転職した際は前職での成績をアピールポイントとして表現した結果、即戦力として採用が決まりました。

また、金融以外への転職の際は、自身の考え方、行動の仕方をアピールポイントとし、納得してもらえたうえで採用が決定しました。

また、どこの業界でも共通して好印象を与えるポイントが、履歴書の丁寧さです。

字の上手、下手に関わらず丁寧に書いたかで大きく左右されます。

一枚一枚丁寧に記載するように心がけましょう。

履歴書を書く時のポイント

前職での成功した成績を記載するのがポイントです。

目標に届かなかったことを正直に書く必要はありません。

また、成績を書いたうえで、どのように努力し、問題を解決していったかなどを論理的にかつ簡潔にわかりやすく書くことがポイントです。

人事担当者に伝えたいことを明確にし、筋道立てたうえで成績、努力ポイントの順に書いていくことが重要となります。

これが一番のアピールポイントとなる、ということを書くのです。

即戦力として使える人材かどうかを判断するうえで大切です。

私は結果的にこの書き方でいくつかの金融業界に内定をいただくことができました。

また、金融以外への転職の場合は、違う業界で今まで培ってきたどの知識、結果を活かすことができるかをポイントとして書いてください。

金融の専門知識ではなく、考え方や行動(長所)を示し、即戦力となり得ることをアピールすることが必要です。

とはいえ履歴書はアピールポイントを書く欄が少ないため、自由記述欄に整理して箇条書きにしましょう。

次に見るであろう職務経歴書への期待を高めるために箇条書きは非常に重要です。

転職でうまくいった履歴書の例は?

詳しくは職務経歴書で記載すればよいので、履歴書は簡潔にまとめることが成功への秘訣です。

担当者も文字がたくさん書いてある履歴書を読む気にはなかなかなりません。

簡潔にアピールポイントを伝えるとうまくいくと思います。

私の場合は自由記述欄へ箇条書きしました。

一番印象付けたい営業成績、長所、資格、経験を簡潔にまとめるのです。

記述欄が限られているので小さい文字でたくさん書くより、大きな字で箇条書きすることで成功へつながります。

また、履歴書に添付する写真も重要です。

これは業界によって使い分けてください。

スーツで少し笑う程度の写真が一番好まれます。

たまに私服、自撮り、無表情の写真を添付する人がいますが、これは写真の印象でほとんどアウトです。

金融であればスーツは必須。大笑いではなく少し微笑む程度の写真が好印象につながります。

金融業界以外ではジャケットなどのカジュアルな印象を出すのはとても良いですが、その場合でも明るく爽やかな印象のある写真を心がけましょう。

 

◆履歴書も添削してくれるのが転職エージェント

履歴書では資格欄と自己PR欄がとても重要です。
ですが自分だけで書いているとどうでしょう?
客観的な判断ができず、ライバルが多くて埋もれてしまうような事をアピールしたり、逆にアピールすべき所に気づかずアピール不足になってしまうという事態が良くあります。

そういう時には転職のプロから指導を受けるのが一番です。
私はDODAのエージェントの方による職務経歴書の添削を受けました。
どんなフォーマットが良いのかというのも教えて頂けたので、一から自分で全て自分で用意する必要がありませんでした。
やっぱり悶々と悩んで時間を費やすよりは、早くプロに聞いた方が早いです。

それ以外にもエージェントを通した方が、残業の実態や週休何日なのかという事を聞けたり、キャリアカウンセラーの国家資格を持っているエージェントからキャリア相談を受けられたりというメリットもあります。

登録に出向くのは面倒だし交通費もかかりましたが、受けてみて本当に良かったです。
やっぱり自分の頭の中だけで考えていても限界がありますし、
人と話をする中で自分の頭の中も整理することができました。

このサービスを受けるためには、まずDODAのエージェントサービスへの登録が必要です。登録自体はとても簡単で、数分で終わります。

まずは、DODA公式サイトのページに行きます。
(下記のボタンから公式サイトへ飛ぶことができます)
DODA公式サイト

 

すると、次のような場面が表示されます。
このページで職務経歴書の書式や体裁の書き方の概要について知る事ができます。

続いて、右横か一番下にあるオレンジのボタン、
「エージェントサービスに申し込む(無料)」を押して自分の情報を入力します。
この段階では詳細な職歴などの入力は不要です。
DODAのエージェントの方との面談の中でヒアリングがありますので、
その時に伝えても大丈夫です。

また、DODAでは転職のプロが応募前から内定後までトータルでサポートしてくれます。特に初めての転職でネックとなりやすい『履歴書』『経歴書』の作成サポートだけでなく、「面接でどんな質問が予想されるか?」と言った情報も教えて頂けました。

ですので自信を持って選考に臨めましたし、決まるのも最短で1週間、長くて1ヶ月〜1ヶ月半と早かったです。

DODA公式サイトはこちら

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

証券会社の営業から転職する時に有利な資格とは?

証券会社の社員に転職。株取引はできるの?

証券会社から転職をする時の自己PRのポイントと成功例

証券会社の年収は?

証券営業は数字との戦い。仕事の終わりが見えない。

証券会社から転職をする時の面接のポイントと成功例