証券会社から転職をする時の自己PRのポイントと成功例

自身がアピールしたいポイントをまとめて簡潔にまとめるようにします。

自己PRには具体例をつけることが必須となります。

どのようなときにそう思ったか、今後どのような場面で活かすことができるかをまとめるようにしましょう。

自己PRはどうやったら書ける?どのように書いたらいい?

自己PRは長所、短所、自身の成功体験、能力面等について書きます。

まず項目に沿って箇条書きで書き出してみます。

それをわかりやすい簡潔な文章でまとめます。

たとえば長所と短所についてですが、箇条書きにした長所に具体例をつけることは必須となります。

どういうときにそう思ったのか、今後どういった場面で発揮できるか、今後どのように伸ばしていくかを文章で表現できるとよいと思います。

短所については、その短所はどのような場面で出てくるのか、今後どう克服していくべきかを文章にします。

短所でこんな失敗をしたが、克服した等の具体例があるとなおよいです。

短所の場合は長所より少なく、かつどう克服していくべきかに重点を置いて記載することが大切です。

短所が目立ち過ぎないように気を付けましょう。

私の場合は短所と長所を絡ませて、こんな短所があり失敗した経験があるが、こんな長所でカバーし問題を解決した、というような文章でまとめました。

そうすると短所の印象よりも長所の印象が強くなります。

要は書き方が重要で、長所をアピールする場として意識しましょう。

また、能力面はたとえばPCスキルなどを記載します。自分はPCでこんな資料を作ることができる、どんな場面で使用した等具体的に記載すると好印象につながります。

自己PRを書く時のポイント

 ポイントは長すぎない簡潔な文章にまとめることです。

ここではアピールポイント、どんな時にそう思いどんな時に発揮するポイントか等の具体例、今後どのように活かしていくことができるかの順でまとめます。

長所と短所の記載については、長所と短所を絡ませて長所を目立たせるような内容にします。短所が目立ってしまうと採用側はその印象が強くなってしまいます。

こんな短所があるが長所でカバーできるというような書き方を心がけましょう。

また、自身の成績を絡ませた成功体験を書くとよいと思います。

ここで重要なのが具体的な成績(成果)で表現することです。

こういうことができました、というより、こういうことができこんな結果につながりましたという方が印象がよいです。

書き方、文章構成の順番をしっかりと考え、採用側にアピールしたいことを印象付けられるような書き方を心がけてみてください。

転職でうまくいった職務経歴書の例は?

 A4用紙1~2枚で簡潔にまとめることです。

少なすぎても多すぎてもよくありません。

採用する側が目を通しやすく、かつ内容を印象付けるのに最適なのが、A4用紙1~2枚になります。中身としては箇条書きにできるとこりは箇条書き、文章は簡潔にわかりやすくまとめることが重要です。

内容はスキルセット、成績、自己PRの順に書きます。自身のアピールしたいポイントによっては順序変更もOKです。

スキルセットはできるかぎり箇条書きで見やすく書きます。

PCスキル・レベル、保有資格、保有している専門知識を盛り込むようにします。

成績もできるだけ箇条書きにします。

数字に加え、順位があるものであれば順位まで記載すると採用側の印象に残るようです。

実際に面接時に『〇人中〇位はすごいね』と言われたことがあるのでおすすめです。

自己PRについては具体例を交えて記載します。

成功するものはより具体的に、かつ簡潔な内容です。

例えば、行動力があるという長所をアピールしたい場合、どんなときに行動力があると感じたか、どういった成果を残してきたか、今後どういった場面で活かすことができるかを記載します。

採用側に採用しても使える能力・長所だと思わせるように構成することが重要です。

 

◆働きやすい企業が見つかる選ばれている転職エージェント

DODAは非公開求人だけで『130,000件超』と求人件数が豊富。

登録は数分で終わり、「求人検索、転職サポート、DODA転職フェア、個別相談会、年収査定、転職人気企業ランキング上位300社の合格診断」などが全て無料で利用できます。

また、DODAでは転職のプロが応募前から内定後までトータルでサポートしてくれます。特に初めての転職でネックとなりやすい『履歴書』『経歴書』の作成サポートだけでなく、推薦状も書いてもらえます。

ですので自信を持って選考に臨めるる上、上手く希望の企業の内定獲得に繋がります。

DODA公式サイトはこちら

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

証券会社から転職をする時の履歴書の書き方のポイントと成功例

証券会社から転職するのに有利な業界とは?

証券営業の1日のスケジュールとは?

証券会社の営業から転職する時に有利な資格とは?

証券会社から転職をする時の面接のポイントと成功例

公社債部からマーケット情報編集室、そしてマスコミに転職。