銀行から転職をする時の面接のポイントと成功例

転職をする時に一番緊張するのは面接だと思います。

履歴書や職務経歴書は転職エージェントの事前添削サービスがありますが、面接に関しては一発勝負なのでなかなか難しいですよね。

そこで、銀行からの転職に成功された方にお話を伺いました。

面接の前の準備は?

面接にも事前準備は必要です。

まずはその企業に提出した履歴書や職務経歴書を見直し内容を頭に入れておきます。

面接で聞かれるであろう質問、現在の仕事内容、志望動機、転職理由などはあらかじめ履歴書や職務経歴書と矛盾が出ないように答える練習をしていくといいです。

採用したいと思ってもらえた場合、具体的な入社可能時期について質問されることが予想されます。

この時受けた企業が希望する入社時期と合致するかを見極めるだけでなく、入社意思を再確認されていると考えます。

なので具体的に答えられるように、現在の会社での自分の立場なども整理しておく必要があります。

私は銀行に1年在籍して退職した後での転職活動でした。面接において、退職理由は必ず聞かれると思っていました。

「ただ、嫌だからという理由で1年で辞めたのではないか?」そう思われても仕方ないことを覚悟し、その上で自分の言葉で退職理由を受け答えできるようにシミュレーションしていました。

面接の時のポイント

身だしなみも面接の重要なポイントです。

面接において第一印象はかなり大切で、第一印象で合否の9割が決まるという人もいます。

汚れやシワのないスーツ、アイロンのかかったシャツ、磨かれた靴を履き、髪の毛も整えます。

よれよれのスーツなどで行ったら、「だらしのない人」という第一印象を持たれ採用には繋がらないでしょう。

私は表情と話し方にも気を配りました。

口角をあげることを意識して、ボソボソ話さずハキハキと話すことでやる気を伝えました。

また相手の目を見て、ただの質疑応答ではなく会話をするように話すこともポイントです。

思いがけない質問をされても慌てず、自分の言葉で答える、模範解答を意識しないようにすると真摯さが伝わるでしょう。

転職でうまくいった面接の例は?

私が転職活動で採用された企業の面接は営業所長と一対一の面接でした。

予想通り、履歴書、職務経歴書を見ながら面接は始まりました。

まずは退職理由について聞かれました。

シミュレーションしていた通りに、嘘や見栄のない本当の理由を自分の言葉で伝えました。

退職理由については深く突っ込まれるのではないかと予想していましたが、意外にもあっさりとその話は終わりました。

そして銀行員としてコツコツ勉強して資格を取得していることや、パソコンで作った職務経歴書を褒めてもらい、事務の仕事の話になったりしました。

自己PRで学生時代に4年間続けたアルバイトのことに触れていたのですが、たまたまその企業と同じ業界で話が弾みました。

最後に「いつから来れるか」と聞かれ「明日から行けます!」と答えました。

これはかなり好印象だったようです。後日合否については連絡すると言われて終わりましたが、面接終了後1時間ほどで明日から来て欲しいという電話がかかってきました。

銀行から転職をする時の面接のポイントと成功例

銀行員であるというだけで、おそらく第一印象はいいはずです。

「しっかりしている」「真面目」などという、仕事をしていくうえではプラスの印象を面接官は持っているはずです。

なのでまずは自信を持って面接に挑みましょう。

せっかくいい印象を持たれているのでそれを裏切ることなく、しっかりと覇気のある受け答えをし、真面目に仕事に取り組んでいく姿勢を見せましょう。

私もきっちりとリクルートスーツを着てお化粧をし、声の大きさはいつもの1.5倍くらいを意識して面接に挑みました。

後から聞いた話ではありますが、このとき面接をしてくれた方は私の第一印象もよかったため、「こんなすごい経歴でしっかりした子が、本当にうちの会社の事務員をやってくれるのかな?」と思ったそうです。

そう思わせた私の作戦は成功と言えるでしょう。

事前準備はしっかりと!元銀行員の好印象はとことん利用しましょう。

◆面接アドバイスのある転職エージェント
転職の際に一番対策に困ること・・・それが面接です。
履歴書や職務経歴書は自分が納得行くまで修正が可能ですが、
面接は一発勝負なのでそうはいきません。

そんな時に役立つのが転職エージェントの面接対策サービスです。
面接は事前に予想できる答えというのもありますが、外れることもあります。
それにどんな質問が来るのか分かりませんし、そういった質問が来た時に
瞬時に答えられる瞬発力も必要です。

その点、転職エージェントの方であれば、これまでその企業で面接を受けた方
にどんな質問があったか毎回フィードバックをもらっているので、
かなり的中率の高い想定質問の情報を得られます。

私は「DODA」という転職エージェントを使ったので、
事前にそれを得ることができました。
ですので自信を持って選考に臨めました。

また、DODAでは転職のプロが応募前から内定後までトータルでサポートしてくれます。特に初めての転職でネックとなりやすい『履歴書』『経歴書』の作成サポートもしていただけたので、決まるのも最短で1週間、長くて1ヶ月〜1ヶ月半と早かったです。

登録に出向くのは面倒だし交通費もかかりましたが、受けてみて本当に良かったです。
やっぱり自分の頭の中だけで考えていても限界がありますし、
人と話をする中で自分の頭の中も整理することができました。

このサービスを受けるためには、まずDODAのエージェントサービスへの登録が必要です。登録自体はとても簡単で、数分で終わります。

まずは、DODA公式サイトのページに行きます。
(下記のボタンから公式サイトへ飛ぶことができます)
DODA公式サイト

 

すると、次のような画面が表示されます↓

続いて、オレンジの部分の「エージェントサービスに申し込む(無料)」
を押して自分の情報を入力します。
この段階では詳細な職歴などの入力は不要です。
DODAのエージェントの方との面談の中でヒアリングがありますので、
その時に伝えても大丈夫です。

DODA公式サイトはこちら

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

銀行から転職をする時の履歴書の書き方のポイントと成功例

銀行員から公務員に転職するには?

【体験談】「銀行の窓口の仕事は仕事じゃない」と上司に言われました。

【体験談】銀行は支店評価がキツい。

銀行員から経理の仕事に転職するには?

銀行員2年目。第二新卒でマスコミ業界へ転職。