銀行員が転職する時に有利な資格とは?

銀行員が入社すると、たくさんの資格を取得する必要があり、

休日も資格の勉強に追われるという話をよく聞きます。

それでは実際にはどんな資格を取得し、どんな資格が転職に役立つのかを、

銀行員から一般事務職に転職された方に伺いました。

銀行員が入社して取得する資格はどんなものがある?

まず、銀行員が入社して資格する取得には「銀行業務検定」「証券外務員」「簿記」「ファイナンシャルプランナー」などがあります。

銀行に入行すると、様々な試験をクリアしていかなければなりません。

私の在籍していた銀行は、資格試験はポイント制になっていて人事査定に反映されるため、資格取得を避けては通れませんでした。

 

私の場合、まず入行前の内定者の段階から試験は始まりました。

入行までに証券外務員2種を合格しなければなならなかったのです。

株式や投資信託の仕組み、それらを取り巻く法律やコンプライアンスといった内容の試験で、試験会場のパソコンを使って受ける選択式の試験です。

なんの金融知識もなかった私にはかなりの難易度でした。

 

入行後はまず、「生命保険一般課程」「生命保険専門変額課程」「損保保険募集人資格」の資格の取得が必要でした。

これらがないと、銀行が取り扱う保険商品を販売できません。

 

そして業務とは関係ありませんが、「法務3級」「財務3級」「税務3級」などの銀行業務検定を受けていかなければなりません。

私は入行した秋に法務3級から受けギリギリの点数で合格しました。

冬には税務3級を受けましたが、不合格でした。

2級になると論述問題も出てきて難易度は高くなるようです。

冬にはさらにファイナンシャルプランナー(FP)2級も取得しました。

簿記、宅建士の目指して勉強を始める同期もいました。

入行後、仕事をしながらたくさんのことを覚えなければならず、それと同時に資格試験の勉強をすることは気の休まるときがないような気分で大変なことでした。

金融業界に転職する時に役立つ資格とは?

金融業界に転職するときに役立つ資格はまず、「証券外務員二種」「証券外務員一種」です。

金融業界に勤務していなければ受験する人は少ない資格ですが、この資格が無ければ株式や債券、投資信託などの金融商品の販売をすることができないので証券会社では必須です。

銀行でも金融商品を取り扱うので必須と言えるでしょう。

次にFPの資格も2級、1級を持っていると、保険会社や銀行の個人営業で役立ちます。

さらに簿記や宅建士の資格も金融業界では求められます。

簿記は銀行で企業相手に仕事をする際に必要となる知識ですし、住宅ローンを扱う場合宅建士の資格を持っていると重宝されるからです。

私は証券外務員二種だけをとって入行しましたが、法人業務の研修の際に、簿記を勉強しておけばよかったと強く後悔しました。

金融業界以外に転職する時に役立つ資格とは?

どの業界に転職するかでも役立つ資格は変わってきます。

銀行で必ず取得しなければならない証券外務員や生命保険、損害保険資格は金融業界でなければ生かすことはできないでしょう。

FPの資格は仕事に生かせるのは保険会社など金融業界が多いかもしれません。

宅建士は不動産業界への転職であれば生かすことができます。

また幅広い業界で役立つのは簿記です。

経理の仕事に就きたい人などは強みになることは間違いありません。

私は一般事務職への転職だったため特に必要な資格はありませんでしたが、学生時代に取得した「秘書検定準1級」の知識は社会人のしての立ち居振る舞い方や、担当営業との関わり方において役に立ちました。

銀行員が転職する時に有利な資格 まとめ

銀行員が転職するときに有利な資格は、「簿記」「FP」「宅建士」が有力です。

簿記、FPは3級では入門レベルなので、転職に生かしたいのであれば2級以上が望ましいでしょう。

◆資格を活用して有利に転職したいなら

金融機関に勤めていると、会社から受験するよう資格を取って行くだけで
かなりの数になる事が多いです。
せっかく取った資格、もしくは取ろうとしている資格は転職を成功させるために
活かしたいですよね。

また、全くの異業種に転職したい場合にも、例えば貿易事務など資格があると
やる気があるという意思表示になるため取得しておいた方が良い場合もあります。
しかしながらどんな資格が必要なのか、自分で調べていくのも結構時間がかかります。

そんな時には、業界について熟知している転職エージェントに聞くのが早いです。
エージェントは、どんな経歴や経験があれば、どこに行けるのかというのを知っているのです。
また、エージェントを通した方が、残業の実態や週休何日なのかという事を聞けたり、面接企業に同行してくれたりもします。

管理人は多数ある中から「DODA」という転職エージェントを利用しました。
登録に出向くのは面倒だし交通費もかかりましたが、受けてみて本当に良かったです。
やっぱり自分の頭の中だけで考えていても限界がありますし、
人と話をする中で自分の頭の中も整理することができました。

このサービスを受けるためには、まずDODAのエージェントサービスへの登録が必要です。登録自体はとても簡単で、数分で終わります。

まずは、DODA公式サイトのページに行きます。
(下記のボタンから公式サイトへ飛ぶことができます)
DODA公式サイト

 

すると、次のような場面が表示されます。
このページで職務経歴書の書式や体裁の書き方の概要について知る事ができます。

続いて、右横か一番下にあるオレンジのボタン、
「エージェントサービスに申し込む(無料)」を押して自分の情報を入力します。
この段階では詳細な職歴などの入力は不要です。
DODAのエージェントの方との面談の中でヒアリングがありますので、
その時に伝えても大丈夫です。

また、DODAでは転職のプロが応募前から内定後までトータルでサポートしてくれます。特に初めての転職でネックとなりやすい『履歴書』『経歴書』の作成サポートだけでなく、「面接でどんな質問が予想されるか?」と言った情報も教えて頂けました。

ですので自信を持って選考に臨めましたし、決まるのも最短で1週間、長くて1ヶ月〜1ヶ月半と早かったです。

DODA公式サイトはこちら

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

銀行から転職をする時の職務経歴書の書き方のポイントと成功例

30歳手前で銀行員から一般事務職へ転職。人間関係が良好に

【体験談】銀行の営業ノルマと人間関係

銀行員から転職するにはどんな業界が有利?

銀行の正社員の年収は?

【体験談】銀行員。独身者への産休、育休制度のしわ寄せから退職を決意