銀行員に転職した場合、株式やFXは禁止になる?

現在は金融以外の会社で働いていて銀行に転職したいと思っている場合、「金融について詳しくなれば、株やFXも上手く運用できるようになるのでは?」と考える方もいるとおもいます。

では、銀行員はFXや株の取引はできるのでしょうか?

 

銀行員になった場合、FXはできる?

結論から言うと、銀行員はFXはできません。(派遣社員含む)

行内の規定で禁止されています。

また、FXの口座開設の段階で、職業や資産状況などの申告が必要なのですが、

銀行員ということが分かった時点で口座開設ができません。

 

なぜかと言うと、2014年に起こったメガバンク銀行員のFXに絡む事件が原因です。

どのような事件かと言うと、行員が顧客から約1億5千万円を私的に集め、FXなどで消失させてしまいました。

つまり、銀行は大きな資金を扱うので、それを個人的資金へと流用してしまう可能性が

あるのです。

また、FXは頻繁に値動きのある商品ですが、お金に関わる職種の方が、為替の値動きなどで業務に支障が出ては、元も子もありません。

そのため禁止されているのです。

 銀行員になった場合、株の取引はできる?

銀行員の株式取引は禁止はされていませんし、証券会社に口座を持つことも可能です。

派遣社員も同様です。

ただし、一部制限があったり、取引できる範囲が役職や部門によって違います。

どのような制限かというと、株式を売買する場合には事前に申告が必要、という制限です。

なぜそうするのかというと、インサイダー取引の防止と短期的な売買を禁止しているためです。

銀行員は中長期的な投資であれば許されているのですが、FXだけではなく株式に関しても投機的な売買、短期売買は禁止されています。

また、倫理的な観点からですが「自分のコントロールできる範囲でお金を使うようにしましょう」という規則があります。

債務超過となり、心理的に行き詰まり、お客様のお金を着服するのを防止するためです。

銀行員に転職した場合、株式やFXは禁止になる? まとめ

FXはできず、株をするのも売買の申告が必要です。

ただし、投資信託や外貨預金は可能です。

 

◆働きやすい企業が見つかる選ばれている転職エージェント

DODAは非公開求人だけで『130,000件超』と求人件数が豊富。

登録は数分で終わり、「求人検索、転職サポート、DODA転職フェア、個別相談会、年収査定、転職人気企業ランキング上位300社の合格診断」などが全て無料で利用できます。

また、DODAでは転職のプロが応募前から内定後までトータルでサポートしてくれます。特に初めての転職でネックとなりやすい『履歴書』『経歴書』の作成サポートだけでなく、推薦状も書いてもらえます。

ですので自信を持って選考に臨めるる上、上手く希望の企業の内定獲得に繋がります。

DODA公式サイトはこちら

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

銀行から転職をする時の職務経歴書の書き方のポイントと成功例

【体験談】過不足金発生で信頼関係が台無しに

銀行から転職をする時の履歴書の書き方のポイントと成功例

銀行員から転職するにはどんな業界が有利?

30歳手前で銀行員から一般事務職へ転職。人間関係が良好に

未経験で銀行に転職できる?