銀行から転職をする時の自己PRのポイントと成功例

転職をする時には自己PRがとても重要ですが、どうやって書いたら良いのか迷いますよね。

そこで、この記事では銀行員からの転職に成功された方のお話をご紹介します。

 自己PRはどうやったら書ける?どのように書いたらいい?

自己PRは、応募する企業に自分の強みや得意分野、専門性を伝えるためのものです。

採用されたらその企業でどのように活躍できるのかを、伝えることが目的です。

自己PRを書くにあたり、まずは自分を客観的にみてみると良いです。

どんな業界でどんな業務を担当してきたのか、そこで果たした役割や成果、実績、得たことを書き出してみるとわかりやすいかもしれません。

経験した仕事を通してどのように成長し、それをこれからどのように活かしていきたいのかを考えながら、応募する企業が求める人材に添うようにPRの文章を作っていきます。

自分の長所、スキルを織り交ぜるとなお良いです。

私は営業職から事務職への転職でした。

営業職と事務職では求められているものがそもそも違うので、営業職として学んだことをどうPRするかは悩みました。

しかし考えてみると、どんな職種であれ仕事は仕事です。

営業職に事務的な作業はたくさんありました。

仕事に取り組む姿勢、仕事を覚えるために工夫したこと、資格取得のための努力、勉強方法などの話を膨らませて自己PRにつなげました。

自己PRを書く時のポイント

自己PRを書くにあたり意識したポイントは、文章は短く端的に、わかりやすくということです。

読む側も人間なので、書類を目にしたときにダラダラと長い文章が書かれていては読む気がしなくなってしまうかもしれません。

形式の決まっていない自己PR欄であれば、見出しをつけたり、字の大きさをかえたり、段落分けをしたりしてパッとみたときに見やすく書くことを意識しましょう。

私はなかったのでこれは使えなかったのですが、それまでの仕事で具体的に数字で示すことのできる実績があれば、それを示しましょう。

「契約を◯件とった」「◯◯円の契約をとった」「社内で◯位の順位をとった」「◯◯賞をとった」など具体的に数字が出てくるとイメージがしやすくなります。

それだけ相手に訴えかけることができるので、印象に残りやすくなります。

転職でうまくいった職務経歴書の例は?

私が転職活動で採用された企業に出した自己PRは、仕事への取り組み方、姿勢を主にアピールしたものでした。

仕事を覚えるための工夫、即戦力になるために意識していたことを中心に書いていきました。

メモの取り方やまとめ方、先輩の仕事ぶりを観察してなんでも真似してみることにより自分の仕事の仕方を見つけていったことなどです。

銀行員時代に取得した資格は事務職とは関係ありませんでしたが、真面目に勉強すること、結果を出すことなどを、アピールするために織り交ぜました。

また社会人としての最低限の知識やマナーは叩き込まれていることは強調しました。

新人にもできる電話を取ることは率先してやったこと、資料作りなどもしてきたことなどです。

また銀行で仕事をするために不可欠である対人スキルもアピールしました。

銀行内の人間関係、お客様との関係、様々な人との関わりの中で仕事をすすめてきたことを、今後事務職として仕事をして行く上で職場の中で円滑に過ごしていく強みとしました。

そのために、うまくいかなかったこと、それをどのように乗り越えたのかも題材としました。

例えば、電話を取っても最初は相手が何を言っているのかさっぱりわかりませんでした。

何回も聞き返す勇気がなく、よくわからないまま電話を回してしまうことも多々ありました。

しかしそれではダメだと思い、よく電話がかかってくるお客様の名前を覚えたり、他の人の電話の取り方を悪い言い方ではありますが盗み聞きしていました。

成功談、自分の素晴らしいところだけでなく、失敗談、うまくいかなかったことも取り入れて話すと人間らしさが伝わる気がしました。

 銀行から転職をする時の自己PRのポイントと成功例 まとめ

まずは見やすい自己PR欄を作ることです。

一番アピールしたいことを、簡潔に、書類を見た人の目に入るように作成します。

内容は具体例を織り交ぜながら書くとわかりやすいです。

具体的に数字を出して書けること、◯位、、賞などは数字を利用しましょう。

取得した資格なども銀行員らしい真面目さをアピールする題材になるでしょう。

銀行での成果、真面目さを具体的にアピールする事が大切です。

◆自己PRの添削をしてくれるのが転職エージェント

転職活動では必ず必要な自己PR。でも、

「就活の時から時間が経っていて書き方を忘れてしまった」
「新卒とは違う社会人の場合、どう書いたら良いか分からない・・・」
「そもそも自分がPRできることは何なのかイマイチ分からない・・・」

などなど様々な悩みがある事でしょう。

管理人もこういった悩みを持っていました。
なので、転職エージェントを使う事にしました。

その際に一番親身になって頂けたと思うのがDODAというエージェントです。

管理人は当初「生命保険の営業やってるけど、特にPCスキルは使わないし、
毎日アポを取って契約取って…の繰り返しで世間的に
通用するものなんてないんじゃないかな?」と思っていました。

ですが、DODAのエージェントの方との面談を通して
「厳しい環境の中で仕事をしてきた忍耐力、
アポ取りで培った突破力、営業で培った対人スキル」
というものに気づかせてもらえ、自己PRにつなげることができました。

さらに色々な案件を紹介してもらえるので
「あ、自分はこんな職種にも挑戦できるんだ!」とも思いました。

そもそもDODAの求人は全部で約13万件(2018年現在)ありますし、
表に出てきていない非公開求人もあります。

それだけ転職できる可能性がありますが、逆に言えば選ぶのが大変です。
だからこそエージェントの方のサポートがとてもありがたいのです。

登録に出向くのは面倒だし交通費もかかりましたが、受けてみて本当に良かったです。
やっぱり自分の頭の中だけで考えていても限界がありますし、
人と話をする中で自分の頭の中も整理することができました。

このサービスを受けるためには、まずDODAのエージェントサービスへの登録が必要です。登録自体はとても簡単で、数分で終わります。

まずは、DODA公式サイトのページに行きます。
(下記のボタンから公式サイトへ飛ぶことができます)
DODA公式サイト

 

すると、次のような画面が表示されます↓

続いて、オレンジの部分の「エージェントサービスに申し込む(無料)」
を押して自分の情報を入力します。
この段階では詳細な職歴などの入力は不要です。
DODAのエージェントの方との面談の中でヒアリングがありますので、
その時に伝えても大丈夫です。

また、DODAでは転職のプロが応募前から内定後までトータルでサポートしてくれます。特に初めての転職でネックとなりやすい『履歴書』『経歴書』の作成サポートだけでなく、「面接でどんな質問が予想されるか?」と言った情報も教えて頂けました。

ですので自信を持って選考に臨めましたし、決まるのも最短で1週間、長くて1ヶ月〜1ヶ月半と早かったです。

DODA公式サイトはこちら

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

銀行員の1日とは?

銀行から転職をする時の履歴書の書き方のポイントと成功例

【体験談】過不足金発生で信頼関係が台無しに

銀行員から経理の仕事に転職するには?

【体験談】銀行の営業ノルマと人間関係

銀行員に転職した場合、株式やFXは禁止になる?