銀行から転職をする時の履歴書の書き方のポイントと成功例

銀行から転職をしよう!と思った時に、まず履歴書の書き方に悩みますよね。

そこで、実際に銀行からの転職に成功された方に履歴書の書き方のポイント

と成功例を伺いましたので、この記事でご紹介します。

履歴書を書く時に大切な事は?

履歴書を作成する上で大切なことは、応募する企業に合った履歴書を作ることです。

その企業が求める人物像をきちんと把握し、履歴書を通して自分が「企業が求める人材」であることを知ってもらう必要があります。

なので志望動機や自己PRは応募する企業、応募する職種によって使い分けた方がいいでしょう。

 

例えば、私は銀行の営業から一般企業の事務職への転職をしました。

銀行でいくつもの資格を取りましたが、一般企業の事務職ではそれらの資格は必要とされません。

なので資格をアピールしても意味がないのです。

そこで私は、銀行で身につけた社会人としてのマナーや知識、仕事への姿勢、学生時代に学んだパソコンのスキルなど事務職で生かせることを中心にアピールしました。

「全く違う業界にいたけれど、こんな知識、スキルは御社で活かせます」というスタンスで履歴書を作成していきました。

応募する企業が求めている人材として自分をアピールすることを心がけました。

 

ですので応募先企業の求める人物像を把握し、より多くの自分の情報をわかりやすく伝えましょう。

履歴書を書く時のポイント

履歴書を書くときのポイントはまず、丁寧に書くことです。

字が下手でも丁寧に書かれた履歴書は見ればわかるそうです。

写真も大切なアピールポイントです。

私も履歴書の写真を撮るときはきちんと化粧をして髪を束ねスーツを着ました。

人の第一印象というのはとても大切です。

採用担当者が履歴書を手にして最初に目がいくのはおそらく写真です。

その写真が意欲にあふれはつらつとした表情であれば、履歴書の内容もよりよく感じるはずです。

免許、資格の欄は応募先企業で求められる、活かせそうなものはどんなものでも書くことがポイントです。

そこから話がはずむことがあり面接の際にネタになり自分を知ってもらうきっかけになるからです。

志望動機や自己PRは模範解答を書かないことがポイントです。

私も、本やネットにあふれている模範解答は見ずに、自分の言葉で自分の経験や強み、強みを知っているからこその弱み、それをどうやって活かしていきたいのかを書いていきました。

転職でうまくいった履歴書の例は?

私が転職に成功した履歴書では、前職で社会人として何をしてきたか、何を学んできたか、それをこれから応募先企業でどのように活かせるのか、活かしていきたいのかを明確にしました。

履歴書なので長々と記入はできませんでしたが、それらを好意的に受け取ってくれ伝わった結果の採用だったのではないかと思います。

銀行から転職をする時の履歴書の書き方のポイントと成功例  まとめ

銀行とは全く違う業界への転職でも、銀行で身につけた知識やマナーは必ず役に立ちます。

その知識やマナーを強みとして、応募する企業が求める人材につなげていき履歴書に記入することが大切です。

どんな人材が求められているのかを洗いだし、そのためには自分のどんな経験、知識を活かせるのかを考えます。

履歴書にはもちろん職歴も記入します。

銀行員時代の同期で転職をした人もたくさんいるのですが、話をしていると、職歴欄に銀行の名前があるとそれだけでかなり好意的に見てくれる傾向があるようです。

「銀行で働いてたから大丈夫」「銀行に入れた人なら間違いない」もいうような社会の風潮も感じました。

これも自分の経験なので大いに強みにすべきことではないでしょうか。

銀行からの転職の場合は自信を持って職歴を書いていいでしょう。

 

◆履歴書も添削してくれるのが転職エージェント

履歴書では資格欄と自己PR欄がとても重要です。
ですが自分だけで書いているとどうでしょう?
客観的な判断ができず、ライバルが多くて埋もれてしまうような事をアピールしたり、逆にアピールすべき所に気づかずアピール不足になってしまうという事態が良くあります。

そういう時には転職のプロから指導を受けるのが一番です。
私はDODAのエージェントの方による職務経歴書の添削を受けました。
どんなフォーマットが良いのかというのも教えて頂けたので、一から自分で全て自分で用意する必要がありませんでした。
やっぱり悶々と悩んで時間を費やすよりは、早くプロに聞いた方が早いです。

それ以外にもエージェントを通した方が、残業の実態や週休何日なのかという事を聞けたり、キャリアカウンセラーの国家資格を持っているエージェントからキャリア相談を受けられたりというメリットもあります。

登録に出向くのは面倒だし交通費もかかりましたが、受けてみて本当に良かったです。
やっぱり自分の頭の中だけで考えていても限界がありますし、
人と話をする中で自分の頭の中も整理することができました。

このサービスを受けるためには、まずDODAのエージェントサービスへの登録が必要です。登録自体はとても簡単で、数分で終わります。

まずは、DODA公式サイトのページに行きます。
(下記のボタンから公式サイトへ飛ぶことができます)
DODA公式サイト

 

すると、次のような場面が表示されます。
このページで職務経歴書の書式や体裁の書き方の概要について知る事ができます。

続いて、右横か一番下にあるオレンジのボタン、
「エージェントサービスに申し込む(無料)」を押して自分の情報を入力します。
この段階では詳細な職歴などの入力は不要です。
DODAのエージェントの方との面談の中でヒアリングがありますので、
その時に伝えても大丈夫です。

また、DODAでは転職のプロが応募前から内定後までトータルでサポートしてくれます。特に初めての転職でネックとなりやすい『履歴書』『経歴書』の作成サポートだけでなく、「面接でどんな質問が予想されるか?」と言った情報も教えて頂けました。

ですので自信を持って選考に臨めましたし、決まるのも最短で1週間、長くて1ヶ月〜1ヶ月半と早かったです。

DODA公式サイトはこちら

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

銀行員に転職した場合、株式やFXは禁止になる?

未経験で銀行に転職できる?

【体験談】銀行は支店評価がキツい。

銀行員から経理の仕事に転職するには?

銀行員が転職する時に有利な資格とは?

銀行の正社員の年収は?