生保の営業から事務に転職はできる?

営業しかやったことがなくても事務職になることはできるのでしょうか?

結論から言えば、全く問題なく事務職に就くことができます。

管理人は5回の転職経験があり、営業も事務職も経験していますが、

5回の転職経験から分かったことは、「経路はいろいろある」ということです。

生保の営業から事務に転職する方法とは?

実際、いろいろなルートがあるので一概には言えませんが、

管理人が知っている方法、同期が転職した方法は以下の通りです。

 

①最初から正社員を狙う

②紹介予定派遣から正社員になる、派遣で働く

③あまりPCスキルのいらない事務の仕事を派遣社員で働いて経験しつつ、

WordやExcellを勉強。スキルが身についたら正社員に転職。

④事務系のコールセンターを狙う

 

①の「最初から正社員を狙う」に関しては、20代、第二新卒の場合は全く問題なくなれます。

30代の場合でも、②の「紹介予定派遣から正社員になる」や③の「派遣社員として働く」、④「事務系のコールセンターを狙う」は比較的簡単になれます。

40代であっても、派遣社員や事務系のコールセンターで働くことは可能です。

特にコールセンターの場合は金融系だと研修体制が手厚く、年齢も広く募集していて契約社員や正社員募集をしているところも多いです。

管理人が働いていたところだと、59歳で、もうすぐ孫が生まれるという人でも採用されていました。

また、学校事務(大学)は、一般企業と比べて求められるスキルのハードルが比較的低いです。

 

◆自分の希望を相談できる転職エージェント

「金融業界からはもう足を洗いたい。でも自分の経験で次にどこを目指せるのか分からない」そんな不安をお持ちの方は多いです。

転職サイトで業界を絞って検索しようと思っても、「この業界ってどんな仕事するんだっけ?」と思いますし、調べるのも結構時間がかかります。
それに「本当に未経験から目指せるの?」という不安も湧いてきますよね。

そんな時に相談に乗って頂けるのが転職エージェントです。
管理人は主に「DODA」というエージェントを使用しました。

転職エージェントの方は、「どの仕事を経験しているとどの職種に行ける」というパターンを把握していますし、自分が思ってもみなかった案件を紹介してもらえる事も多いです。

登録に出向くのは面倒だし交通費もかかりましたが、受けてみて本当に良かったです。
やっぱり自分の頭の中だけで考えていても限界がありますし、
人と話をする中で自分の頭の中も整理することができました。

このサービスを受けるためには、まずDODAのエージェントサービスへの登録が必要です。登録自体はとても簡単で、数分で終わります。

まずは、DODA公式サイトのページに行きます。
(下記のボタンから公式サイトへ飛ぶことができます)

DODA公式サイト

すると、次のような画像が表示されます。

続いて、オレンジの部分の「エージェントサービスに申し込む(無料)」
を押して自分の情報を入力します。
この段階では詳細な職歴などの入力は不要です。
DODAのエージェントの方との面談の中でヒアリングがありますので、
その時に伝えても大丈夫です。

また、DODAでは転職のプロが応募前から内定後までトータルでサポートしてくれます。特に初めての転職でネックとなりやすい『履歴書』『経歴書』の作成サポートだけでなく、「面接でどんな質問が予想されるか?」と言った情報も教えて頂けました。

ですので自信を持って選考に臨めましたし、決まるのも最短で1週間、長くて1ヶ月〜1ヶ月半と早かったです。

DODA公式サイトはこちら

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

生保営業を辞めさせてもらえない! どうやったら退職できる?

国内生保と外資系生保の営業の違いとは?

生保営業をして入社半年。新卒で入ったけど辞めたい。

外交員より来店型ショップの方がラク? 保険ショップの実態

生命保険の営業はどれくらい稼げる?年収やその実態

転職すると生保の募集人資格はどうなる?