損害保険の代理店へ転職するには?

損害保険の代理店へ転職を考えている方もいらっしゃるかと思います。

「年収600万円以上」や「法人営業という大きな規模の仕事ができる」という話を聞いて心が動いたという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

それでは、代理店ではどのような業務を行っているのか見ていきたいと思います。

損保代理店の業務内容

代理店の職種は、大きく分けて2つで、概要は下記の通りです。

 

営業職

・保険商品の勧誘、説明

・保険の対象者が誰か、何に保険をかけるのかを確認

・告知内容の確認

・保険料の見積もり、領収

・事故受付、保険会社に連絡

・保険金請求手続きについてアドバイス

 

事務職

・電話、来客対応(事故の対応も含む)

・契約をデータベースに登録

・領収証の作成、発行

・変更・解約手続き

営業の仕事のメリット&デメリット

損害保険代理店で営業をするメリットとはどのようなものがあるのでしょうか?

それは次の2点です。

1、実績を上げれば、給与が沢山もらえる。

2、法人営業をして経験を積める。

 

損害保険代理店の営業は、固定給+歩合給であるため、契約をたくさん取れれば給与が上がり、モチベーションUPにもつながります。

どのような法人に行くのか?と言うと、その法人と何かしら仕事上の付き合いのある法人です。つまり利害関係のある法人です。

例えば自動車メーカーや住宅メーカーです。

相手が自動車メーカーであれば、その自動車の販売台数が上がるように損害保険会社も営業活動をします。

新規開拓の場合は特に業種は決まっていません。

営業先の会社の自動車保険や火災保険、あるいは従業員の傷害保険を、現在加入している保険会社の契約から自分の会社に変えてもらいます。

また、紹介先を開拓するという営業スタイルもあります。

この場合、自動車販売店、修理店、板金を請け負う会社などを片っ端から回り、自動車保険の話があれば紹介してもらうよう頼んでみます。

成約した場合に、その紹介先にマージンを渡します。

ここでもギブ&テイクの関係があり、自動車保険を紹介してもらう代わりに、お客さんが事故を起こしたときにその修理店を紹介します。

火災保険であれば不動産屋を開拓します。

つまり、法人営業をすることによって、損害保険だけでなくそれに関連する商品や業種のサービスについても販売することで、様々な立場の人の問題解決とビジネスチャンスの橋渡しに携わることができます。

損保は自動車保険のみでなく、火災保険、賠償責任保険等も扱います。

損害保険代理店の給料は?

保険代理店の給料は、固定給+歩合給です。

契約がたくさん取れれば給料はそれに応じて跳ね上がる、つまり実績を上げれば給与が増える仕組みです。

損害保険代理店の休日は?

「残業が少なく休日をしっかり取得したい。」という人には難しいと思います。

お客さんに会うためには、相手が個人ならその方の休日に訪問することが必要です。

相手が法人でも時間外にしてくれという会社は多いです。

また、用事があるときは「すぐに来い」と言われるため、相当軽いフットワークが必要になります。

また、自動車保険のお客さんが事故をしたときなどは休みも何もありません。

時間を問わず携帯に電話がかかってきて、すぐに現場まで来て欲しいと言われます。

携帯電話も、いつでも事故に対応できるよう24時間・365日肌身離さず持っていなければなりません。

それから損害保険に関する試験もありますので、休日にも勉強が必要となります。

損害保険の営業で注意するべきこととは?

重要事項の説明

金融庁から厳しい指導がなされるため、お客様から「そんなややこしい説明は分からないしいらない」と言われても、契約時には必ず重要事項をきちんと説明し、「ご理解頂いた」と言う署名を頂く必要があります。

 

個人情報の保管

個人情報の管理も厳重管理が必要です。必ず鍵のかかるキャビネットに保管しますし、抜き打ちで金融庁の監査も入ります。

また、顧客情報の入ったPCを電車に置き忘れてしまったりなどすると、そのPCに入っていた個人情報の該当の方全てに謝罪が必要となり、金融庁から処分を受けます。

損害保険代理店に転職するには?

いかがでしたでしょうか?

金融機関であるために、営業や個人情報の扱いには十分注意が必要であるのと、金融商品を販売するだけではないのが損害保険代理店の仕事です。

「チャレンジをしてみたい!」「いやいや、なんか不安が残る・・・」と思われたかもしれません。

転職には不安が付き物ですし、思い切りだけでなく慎重さも必要です。

まずは、転職の実態に詳しい転職エージェントに相談してみるのが転職成功への第一歩です。

 

◆自分の希望を相談できる転職エージェント

損保代理店への転職。
金融商品は実物がなく、また他社との比較表を作ったり値引きができないため、
なかなか営業が難しいのが実情なので、人間力での勝負が必要です。

そういう意味では人間としての成長ができる仕事でもあります。
そんな厳しい世界で営業として成功できるのか?という不安もあるかと思います。

そんな時に相談に乗って頂けるのが転職エージェントです。
管理人は主に「DODA」というエージェントを使用しました。

転職エージェントの方は、「どの仕事を経験しているとどの職種に行ける」というパターンを把握していますし、自分が思ってもみなかった案件を紹介してもらえる事も多いです。

登録に出向くのは面倒だし交通費もかかりましたが、受けてみて本当に良かったです。
やっぱり自分の頭の中だけで考えていても限界がありますし、
人と話をする中で自分の頭の中も整理することができました。

このサービスを受けるためには、まずDODAのエージェントサービスへの登録が必要です。登録自体はとても簡単で、数分で終わります。

まずは、DODA公式サイトのページに行きます。
(下記のボタンから公式サイトへ飛ぶことができます)
DODA公式サイト

すると、次のような画像が表示されます。

続いて、オレンジの部分の「エージェントサービスに申し込む(無料)」
を押して自分の情報を入力します。
この段階では詳細な職歴などの入力は不要です。
DODAのエージェントの方との面談の中でヒアリングがありますので、
その時に伝えても大丈夫です。

また、DODAでは転職のプロが応募前から内定後までトータルでサポートしてくれます。特に初めての転職でネックとなりやすい『履歴書』『経歴書』の作成サポートだけでなく、「面接でどんな質問が予想されるか?」と言った情報も教えて頂けました。

ですので自信を持って選考に臨めましたし、決まるのも最短で1週間、長くて1ヶ月〜1ヶ月半と早かったです。

DODA公式サイトはこちら

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

損害保険の営業への転職は?給料や休日はどうなの?

NO IMAGE

転職すると損害保険の資格はどうなる?

損害保険会社から転職する時に有利な資格とは?

損保代理店で独立した場合の年収は?

NO IMAGE

損害保険の事務職に転職したい!転職を成功させるには?

損害保険の事務職は毎日怒鳴られてイヤ!! 転職するには?