生保営業をして入社半年。新卒で入ったけど辞めたい。

新卒で生保の営業として入社し現在23歳。

職場は首都圏の高層ビルで、訪問先は大手企業のオフィス。

会社説明会の時の「皆さんにはAFPの資格を取得してもらって、お客様の人生に寄り添うライフコンサルタントのプロフェッショナルになってもらいます」という言葉に惹かれ、実際に入社して見たものの半年で既に精神的にまいってしまっている・・・

そんな方が多いと思います。

 

所属は大手国内生保、お給料は基本的に手取り15万円くらいで契約が取れないと減給される。親戚や友達に頼み込んで毎月のノルマを達成するのがやっと。

それに

・保険プランの作成に必要なパソコン代やコピー代などが給与天引きされる

・営業活動のために必要な交通費、訪問先企業で配る飴といった雑費が全て自己負担

・声をかけると煙たがられる

・担当企業は男性が多いため、下ネタなどを言われて不快な時もある

・見込み客と仲良くなるために合コンや飲み会をする必要がある

・「女」を武器にしている雰囲気があり、実際美人な人は契約を取れていたり在職率が高い

・正社員ではあるが、税務上は個人事業主

・残業代が出ない

・契約が取れないと土日も出勤してアポを取る

・周りの同期はだんだんこの雰囲気に慣れてきて違和感を感じなくなっているのが恐ろしいし、図々しい人が増えてきている

 

そんな状況ではないでしょうか?

 

転職を考えはするけれども、

「今退職しても新しい仕事が見つかるのかな?」

「半年で退社して次の仕事が見つかるかな?」

「今のところやりたい事が分からないし、退社しても何を目指したらいいか分からない・・・」

「逃げの転職と思われないかな?」

こんな不安が胸をよぎると思います。

 

モチベーションが上がらずアポイントが取れないため、出社して営業に出てもさぼって無駄な時間を過ごす毎日を過ごしているかもしれません。

営業先に行こうとすると泣いてしまったり、精神的にきついという方も。

辞めるか、忍耐力をつける訓練の場と思ってあと1年は続けるか、悩んでいらっしゃるのではないでしょうか?

 

実際、管理人もそんな毎日を送っていました。

しかし辞めていった同期や自分自身のことを振り返ってみると、転職活動をした方が正解です。

実際、大学生の段階では働いた経験がないので、その企業が合うか合わないかはなかなか判断するのが難しいと思います。

それに厚労省;新規学卒者の離職状況に関する資料一覧によれば、直近の3年以内離職率の状況は以下の通りとなっています。

  • 高卒:40%
  • 短大卒:41.5%
  • 大卒:32.3%

30%〜40%以上が3年以内に会社を退職していますよね。

すぐに辞めることは、特殊な状況でもなんでもなくて、よくあることだと言えます。

 

3年以内の転職は、第二新卒の扱いになります。

この第二新卒は現在非常に需要が高くなっており、求人サイトでも第二新卒特集が組まれているほどです。

すぐに辞めるかどうかを今決断する必要はないですし、営業であれば自由に外出が可能なので、転職相談に行くのも比較的簡単にできると思います。


◆管理人がよく使用した転職エージェント

生命保険募集人からの転職を考えている方は、主に「次は生命保険の別の職種で働きたい」という方、「生保じゃなくて別の分野の金融機関で働きたい」という方、「もう金融業界からは足を洗いたい」という方がいらっしゃると思います。

管理人はその全ての転職を経験しました。
その際に使ったのが「DODA」というエージェントです。

管理人は当初「生命保険の営業やってるけど、特にPCスキルは使わないし、
毎日アポを取って契約取って…の繰り返しで世間的に
通用するものなんてないんじゃないかな?」と思っていました。

ですが、DODAのエージェントの方との面談を通して
「厳しい環境の中で仕事をしてきた忍耐力、
アポ取りで培った突破力、営業で培った対人スキル」
というものに気づかせてもらえました。

さらに色々な案件を紹介してもらえるので
「あ、自分はこんな職種にも挑戦できるんだ!」とも思いました。

そもそもDODAは生命保険関連の公開求人だけで3453件(2018年現在)ありますし、
表に出てきていない非公開求人もあります。
生命保険以外の業種にも範囲を広げると、全部で13万件近くあります。

それだけ転職できる可能性がありますが、逆に言えば選ぶのが大変です。
だからこそエージェントの方のサポートがとてもありがたいのです。

登録に出向くのは面倒だし交通費もかかりましたが、受けてみて本当に良かったです。
やっぱり自分の頭の中だけで考えていても限界がありますし、
人と話をする中で自分の頭の中も整理することができました。

このサービスを受けるためには、まずDODAのエージェントサービスへの登録が必要です。登録自体はとても簡単で、数分で終わります。

まずは、DODA公式サイトのページに行きます。
(下記のボタンから公式サイトへ飛ぶことができます)
DODA公式サイト

次にメニューバーの左から2つ目、「エージェントサービス」のタブを押します。

続いて、オレンジの部分の「エージェントサービスに申し込む(無料)」
を押して自分の情報を入力します。
この段階では詳細な職歴などの入力は不要です。
DODAのエージェントの方との面談の中でヒアリングがありますので、
その時に伝えても大丈夫です。

また、DODAでは転職のプロが応募前から内定後までトータルでサポートしてくれます。特に初めての転職でネックとなりやすい『履歴書』『経歴書』の作成サポートだけでなく、「面接でどんな質問が予想されるか?」と言った情報も教えて頂けました。

ですので自信を持って選考に臨めましたし、決まるのも最短で1週間、長くて1ヶ月〜1ヶ月半と早かったです。

DODA公式サイトはこちら

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

生命保険の営業はどれくらい稼げる?年収やその実態

生保営業を辞めたい!転職できる?

生保営業を辞めさせてもらえない! どうやったら退職できる?

国内生保と外資系生保の営業の違いとは?

生保の営業は大変!営業職員が辞めたい理由とは?

生命保険営業の1日のスケジュールとは?