生保業界のキャリアアップに有効な資格とは?

生保業界で働く中でキャリアアップをしたい!と思う方もいらっしゃるでしょう。

そんな方に役立つ資格をご紹介します。

一般課程試験に合格したら?

生命保険募集人として必要な資格の一般課程試験に合格した後、次に目指すべきなのは専門課程試験、応用課程試験です。

生命保険業界には、業界内で確立されている業界共通の教育制度があります。

一般課程→専門課程→応用課程→生命保険大学各試験+変額保険販売資格試験

という順序で段階を踏んで資格を取るようになっています。

専門課程試験

専門課程試験は、受験の前に研修を受けることが義務付けられています。

一般課程で得た基礎知識をもとに、保険販売に関連する専門知識や
周辺知識を習得します。

顧客ニーズへの基本的対応力を高めることを目的としている資格で、
合格するとライフ・コンサルタント(LC)の称号を得られます。

応用課程試験

応用課程試験は、テキストの学習のみで受験できます。

専門課程試験で得た知識を活かした応用力・実践力が養えます。

ファイナンシャル・プランニング・サービスに必要な全般的知識を修得することを目的としている資格です。

シニア・ライフコンサルタント(SLC)の称号を得られます。

生命保険大学各試験

生命保険大学の試験は6科目に分かれており、テキストの学習のみで受験できます。

応用課程試験の合格者を対象に、ファイナンシャル・プランニング・サービスに必要な生命保険、その関連知識をより専門的なレベルで習得します。

受験科目は以下の通りです。

・生命保険のしくみと個人保険商品
・ファイナンシャルプランニングとコンプライアンス
・生命保険と税・相続

・資産運用知識
・企業向け保険商品とコンサルティング
・社会保障制度

6科目全て合格すると、トータル・ライフコンサルタント(生命保険協会認定FP・TLC)の称号を得られます。

変額保険販売資格

変額保険の販売に必要な知識を修得することを目的とした資格です。

生命保険募集人として登録済で、なおかつ専門課程試験の合格者であること等、一定の要件を満たしている方を対象に変額保険販売資格試験が実施されています。

合格した後、生命保険協会に登録することにより、変額保険の販売が可能となります。

生命保険講座(8科目)

こちらは総合職で入社すると、1~2年目に受ける「生命保険講座」試験です。

「一般社団法人 生命保険協会」が主催する資格試験で、生命保険会社で働く人を育成するための内容となっています。

この試験は8科目から構成されていて、生命保険の基礎知識を問われます。

すべて合格するまで毎年受験を義務付けている企業もあるようです。

試験科目は下記の通りです。

・生命保険総論
・生命保険計理
・危険選択

・約款と法律
・生命保険会計
・生命保険と営業
・生命保険と税法
・資産の運用

FP(ファイナンシャルプランナー)

ファイナンシャルプランナーは、個人の資産運用や生活設計に基づく資金計画などの指導・助言をする専門家のことで、分かりやすく言えば「お金のホーム・ドクター」です。

国家資格の「ファイナンシャル・プラニング技能検定(FP技能検定)」やFP協会が実施している試験で、合格後協会に登録するとAFPやCFP認定される資格など関連資格がいくつかあります。

生命保険会社では、営業職の社員を中心に取得している人が多いようです。

試験科目は以下の6科目です。

1. ライフプランニングと資金計画
2. 金融資産運用
3. タックスプランニング
4. リスク管理
5. 不動産
6. 相続・事業承継

FP資格取得については下記のLECの公式サイトが詳しいです。

(画像をクリックすると表示されます)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

管理人は国内生保を辞める前に「転職に有利になりそうなFP資格は絶対取得しよう」と思ってAFPを取得しました。
その後転職活動を始めた時に、エージェントの方から
「AFPの資格を持っている人を集めた新規立ち上げの部署の仕事がある」と紹介され、
外資系生保に転職しました。

収入も生保営業の頃よりも倍以上になったので、資格を取得しておくとそういったチャンスにも巡り会える率が高くなると思います。

証券外務員

金融機関で株式や債券などの有価証券を売買したり、お客様の勧誘を行う仕事に就くために必須の資格です。

証券会社や銀行、保険会社などで販売している投資性のある金融商品を顧客に勧誘するなどの業務は、この資格がないとできません。

一種外務員や二種外務員を取得すると、金融機関への就職・転職の際に活用できます。

特に派遣で働く場合は、証券会社で働こうと思った時にとても有利です。

証券外務員資格を持っている人対象の仕事はかなり募集が出ていますし、
時給も1700円以上のものが多いです。

損保一般試験

損害保険商品募集の際に必要な資格で、一度取得すれば5年6ヶ月有効な資格です。

生保だけでなく、損保の契約も併せて取ることで収入がより安定するようになります。

もちろん生保業界から損保業界への転職時にも役立ちます。

 

 

◆キャリアアップか転職か

「今の所でキャリアアップするか、転職してキャリアアップするか悩む」
という方もいると思います。

そういう場合にも、「転職エージェントに相談してみる」という手もあります。

相談したからと言って必ず転職しなければならないというものではないですし、
悶々と悩んで時間を費やすよりは、早くプロに聞いた方が早いです。

それにエージェントを通した方が、他社の残業の実態や週休何日なのかという事を聞くことができますし、履歴書や職務経歴書の添削をしてくれたり、面接の際に想定される質問も教えてくれます。

また、キャリアカウンセラーの国家資格を持っているエージェントの方もいますので、キャリア相談をすることもできます。
時間は60分程度、交通費も少しかかりますが、プロに相談してみる価値は大いにあります。

管理人は主に「doda」というエージェントを使いましたが、色々なエージェントがある中で一番親身に対応してくれました。

doda 公式サイトはこちら

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

生保営業をして入社半年。新卒で入ったけど辞めたい。

生保営業を辞める前に取得するべき資格とは?募集人資格はどうなる?

転職すると生保の募集人資格はどうなる?

生命保険営業の1日のスケジュールとは?

外資系生保から勧誘された!転職するべき?その実態は?

外交員より来店型ショップの方がラク? 保険ショップの実態