外資系生保から勧誘された!転職するべき?その実態は?

外資系保険会社とは?

外資系とは、簡単に言うと外国の資本で経営されている企業もしくは外国人によって経営されている会社を指します

プルデンシャル生命、ジブラルタル生命、メットライフ生命(旧アリコ)、アフラックといった保険会社が有名です。

メットライフ生命、アフラックはよくCMをしているので通販がメインのイメージがありますが、もちろん外回りをして契約を獲得する営業職員もいます。

外資系だからといって、働くために英語を話す必要はありません。
なぜなら、基本的に日本人を相手に保険を販売するからです。

気になる収入は?

例えば、MDRT(ミリオンダラーラウンドテーブル)という資格を複数年連続で取っている人達がいますが、その中には年収2500万円~最高で5000万円ぐらいの人たちがいます。また、外資系生保への勧誘時に「年収は億も狙える」といった話を持ちかけられることもあるようです。

実際に億稼ぐ人は何人かいます。
ただしそれはほんの一握りの人で、そういったトップセールスの人たちは1億位の年収を得ています。

しかしながら、最初の数年は休日も一切なし。
早朝から深夜まで馬車馬のように働いて、ようやく一人前に食べていけるようになる世界です。

多くの会社が数ヶ月は固定給が出ますが、その後は完全歩合制になるため、それだけでは食べていけず、入社数年で辞めていきます。

また、外資生保で数千万円の年収を稼げるような人は、普通のサラリーマンをやっていても1千万以上の年収を得ているような人になります。

営業スタイル

まずMDRTになるぐらいのレベルになるまで、年間払い込み保険料25万円(月々2万円ぐらい)の終身保険契約を月に6件~8件ぐらい獲得し、それを2年間続ける必要があります。
つまり、月8件の契約獲得が必要です。

アポイント率、契約率を20%としても、200件のコール(電話)、40件のアポイントで8件成約です。

しかも保険契約は一度の面談では契約にならないので、実際は60件ぐらいのアポイントになります。

某外資系生保は入社前に300人リストなるものを作成させられ、入社後に片っ端からアポ取りをします。

一ヶ月でリストが枯渇するので、それ以外のネットワーク(人脈)も必要です。

年収1000万円以上を目指すなら、最初に300人の知人・友人に「生命保険の事で」と連絡して、60人とアポイントを取る必要があります。

営業マン1000人中、トップ1%ぐらいに入る実績が過去にあるなら可能性はありますが、現時点で営業職として年収1000万円を稼いでないレベルなら、まず難しい世界です。

離職率

外資系保険会社に就職・転職した8割は、1年以内に退職(離職)します。
そして2年後に離職する割合は7~8割程度です。

しかも、各業界でそれなりの実績を出す営業マンが外資系生保に転職し2年後に残る割合が2割ぐらいです。

なぜこのような結果になるかというと、生保以外の営業であれば、見込み客の開拓は会社がCMを打ったりして、ある程度やってくれます。

しかしながら、生保の営業はそれを1から全て自分でやらなければいけません。

それに普通は定期的に購入されるシステムが構築されていますが、生保は何度も購入できる商品ではありません。

また、通常は会社や社内のチームがバックアップしてくれますし、営業であっても最初は先輩に同行して営業の様子を見ることができます。

それに営業にかかる経費も会社が出してくれます。

ですが、生保の営業はそういったことは一切ありません。
完全に個人プレーです。

成功事例の共有は、実際に上手くいっている人から話を聞く機会がありますが、失敗事例の共有というのはありません。

成功も失敗も自分で全て学んでいかなければならない世界になります。

 

◆転職を客観的に相談できるのが転職エージェント

外資系生保のライフコンサルタントへの転職は魅力的だと思います。
スカウトマンからのオファーを受け、「挑戦してみたい!」という気持ちになると思います。

管理人も昔、
「自分の頑張りが結果にリアルに反映される」
「自分の仕事を自己管理できる」
といった言葉に魅力を感じました。

しかし、実際に生保の営業をやってみて「自分の能力を過信していた」と思う人は多いです。

外資系生保に転職し、もちろん上手くいったという人もいますが、
上手くいかず、辞めさせてもらうこともできないという会社もあります。
しかも妻帯者をスカウトし、「家族の生活がかかっている」という状況に追い込んで、
何とか契約を取らせようという会社も存在します。

そういう事にならないためにも、一度転職のプロの転職エージェントを活用するのが良いでしょう。

特に管理人はDODAの面談サービスを利用してみて、客観的に自分の立ち位置を把握することができました。

さらに色々な案件を紹介してもらえるので
「あ、自分はこんな職種にも挑戦できるんだ!」とも思いました。

そもそもDODAは生命保険関連の公開求人だけで3453件(2018年現在)ありますし、
表に出てきていない非公開求人もあります。
生命保険以外の業種にも範囲を広げると、全部で13万件近くあります。

それだけ転職できる可能性がありますが、逆に言えば選ぶのが大変です。
だからこそエージェントの方のサポートがとてもありがたいのです。

登録に出向くのは面倒だし交通費もかかりましたが、受けてみて本当に良かったです。
やはり自分の頭の中だけで考えていても限界がありますし、
自分の経験のみでは客観的に自分の立ち位置を見極めるのは難しいです。
ですので、転職エージェントにアドバイスを求めるのはとても有効です。

このサービスを受けるためには、まずDODAのエージェントサービスへの登録が必要です。登録自体はとても簡単で、数分で終わります。

まずは、DODA公式サイトのページに行きます。
(下記のボタンから公式サイトへ飛ぶことができます)
DODA公式サイト

次にメニューバーの左から2つ目、「エージェントサービス」のタブを押します。

続いて、オレンジの部分の「エージェントサービスに申し込む(無料)」
を押して自分の情報を入力します。
この段階では詳細な職歴などの入力は不要です。
DODAのエージェントの方との面談の中でヒアリングがありますので、
その時に伝えても大丈夫です。

また、DODAでは転職のプロが応募前から内定後までトータルでサポートしてくれます。特に初めての転職でネックとなりやすい『履歴書』『経歴書』の作成サポートだけでなく、「面接でどんな質問が予想されるか?」と言った情報も教えて頂けます。

DODA公式サイトはこちら

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

国内生保と外資系生保の営業の違いとは?

生保営業を辞めさせてもらえない! どうやったら退職できる?

生保営業を辞める前に取得するべき資格とは?募集人資格はどうなる?

生保の営業から事務に転職はできる?

生保の営業は大変!営業職員が辞めたい理由とは?

外交員より来店型ショップの方がラク? 保険ショップの実態